キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプマット 2人用 レジャーシート EVA フォーム マット ダブル 収納袋付 140×217cm UB-3001

こんにちは!
月イチでのキャンプをここ一年くらい続けてますが、一口にキャンプと言っても「テント泊」「車中泊」「バンガロー(コテージ)泊」と様々な過ごし方をみなさんしてらっしゃると思います。

中でもテント泊は春になったとはいえまだまだ地面からの底冷えもありますし、サイトによってはゴツゴツした石や微妙な土の凹凸などがあって睡眠を妨げられたりする経験はどなたもあるのではないでしょうか?
例えそれが「バンガロー」や「車内」であったとしても直接床面にシュラフを敷いて寝ると、さすがにちょっと寝づらいですよね…。普段の布団やベッドで寝るのとはそりゃあもうワケが違うわけです。

日中せっかく楽しく遊んで、バーベキューで空腹を満たして美味しいお酒と爽やかな自然を満喫したのにもうひとつの楽しみでもあるテント内で過ごす睡眠が不快なものだったりすると、なんだか残念な気持ちになっちゃいます。
僕は特に、家でもあまりしっかり熟睡できない性分なので、アウトドア泊となるとその環境が良くない場合は翌日はもう結構朝ごはんの準備、帰りの撤収やら帰路につく運転やらにまあまあ影響が出てきてしまうんですね。

そんなキャンプ歴たかだか2年の僕がキャンプギアを揃えるにあたってまず購入したのがこちらの
「 キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル」
でございました。
ご多聞に漏れず、僕もAmazonで色々と検索してみたのですが、購入した方のレビューを見ると
「銀マットなんかより全然寝心地が良かった」
「EVAフォームで凹凸型なので地面の硬さを全く感じない」
「地面の冷気を遮断してくれて暖かい」
などの好意的な感想が多く、なによりもまず比較商品の品質に定評のある「サーマレスト リッジレスト」よりも相当安いんですよねww


しかも「サーマレスト リッジレスト」が
サイズ:51×183×2cm
重量:410g
素材:軽量EVAフォーム
収納サイズ:51×15×13cm

対する「キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル」が
サイズ: (約)幅140×長さ217×厚さ1.5cm
収納サイズ: (約)70×13×39cm
重量: (約)760g
材質: 発泡ポリエチレン、EVA樹脂

キャプテンスタッグの方がシュラフに包まれば二人分ですよ。
値段も半分だし。

てことでウチはキャプテンスタッグの方を合計2枚購入しそいつを2枚重ねで使用するという贅沢仕様で安眠を確保しています。
やはりこちらは適度に施されたEVAフォームの凹凸がポイントでしょう。
これのおかげで身体の床面に対する負荷が分散されて実際すごく心地いいです。

値段もお手頃ですしキャンプ初心者の方でも十分満足いただける商品だと思いますね。
実際ウチもキャンプでかれこれ2年以上使用していますがヘタったり破れたりしませんし、耐久性も申し分ないのではないかと。

という事で今回は「キャプテンスタッグ EVAフォームマット ダブル」をご紹介させて頂きましたー。
買うトドアで無料の査定申込をする


FIELDOOR ポータブルコンパクト アウトドアチェア ローバック 【ブラック】 耐過重100kg 軽量コンパクト 折りたたみ ウルトラライト タクティカル


去る4/8の日曜日にアウトドアデイジャパン 2018 東京に行ってまいりました!
このイベント、毎年4月に行われていて、東京以外に「福岡」「札幌」でも開催されており、各メーカーのブースで商品を格安で販売したり、ステージではミュージシャンたちが演奏したり、オークション形式でテントやタープ、焚火台やら燻製器やらメーカーのTシャツなど、本当に様々な商品が出品され、入場無料で来るお客さんが一日いても飽きないイベントなんです。

僕たち夫婦は2日目の4/8に行ってみたのですが当日は天気も良くて大勢のお客さんがいらっしゃってましたねー。
写真撮ってなくて申し訳ないですが、言わずと知れた有名アウトドアメーカーのColemanや、テント作りで定評のある日本製メーカーのogawa、以前こちらの記事でもご紹介した尾上製作所、「鹿番長」のニックネームで有名な?キャプテンスタッグなどなど、キャンプギアのブランドだけでも60以上ありました。

そんな中で我々の目をまさしく釘付けにした商品がこちら、
『FIELDOOR ポータブルコンパクト アウトドアチェア ローバック 【ブラック】 耐過重100kg 軽量コンパクト 折りたたみ ウルトラライト タクティカル』
でございます!
商品名長っ!!w


同じスタイルのアウトドアチェアではかの有名なHELINOX(ヘリノックス)がございますが、こちらは一脚で1万円以上するんですよね。
ただでさえウチはチェアだけで大小サイズで合わせて8つ持ってまして、さすがにもう要らないだろ、と思ってたんですよ。
ただね、、、これなんと
900円!!
ウソだろう。。。

気づいたら一脚握りしめてレジの列に並んでましたわ。
ホクホク顔で違うブースを眺めていた奥さんのところに行って
僕「いや~またチェアー買っちゃったよ」
奥「えー!また増えちゃうじゃん!てかいくら??」
僕「900えん…」

奥「えっ??もう一脚買ってきて!!」

そんな感じでまた新たに我が家にふたつのアウトドアチェアがお仲間に加わりました(笑)

で、実際このチェア、こないだのPICA富士吉田でのキャンプで使用したのですが、身体全体を包み込む感じといい安定感といい、とても900円とは思えないパフォーマンスを発揮してくれました。
組立は骨組部分がひとつひとつのパイプ内にゴムで連結されているので部品がバラバラにならず、そのままカチャカチャ組み立てると完成です。
ただ最初に生地の部分を骨組みに取り付ける際はけっこう力が要りますので女性はだれか力強い男性に手伝ってもらってくださいね。
まあ、一回使用するとそれなりに生地もこなれてくるのでそれ以降は大丈夫だと思います。

次回のキャンプでも使用するつもりですので、その時には奥さんに組み立ててもらい、どんな感じだったかレポートさせていただきまーす♪

kanri

先日のPICA富士吉田に続く2週連続キャンプの地は、同じ山梨県にあるSUMIKA CAMP FIELDです。

SUMIKA CAMP FIELD
所在地 : 〒401-0337 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖210
TEL : 0555-87-2880(9:00~17:30)

こちらのキャンプ場は「富士山の麓・本栖湖にあるスポーツ&合宿施設&キャンプ施設」とあってサイトの近所にサッカー場があるなど、夏休みなどはサッカーチームやスポーツ合宿を目的とした子どもたちなどで賑わうことが予想されます。
となると、自然満喫してどっぷり浸りた~い、といった目的で行こうとするとちょっと興ざめするかもしれませんね。
まあ、当方はこないだもそうですがいつもキャンプするとサイトの横、林を隔ててクルマが昼夜問わず通る様なサイトに当たることが多いので、日中に元気なサッカー少年が見られて楽しそうじゃん、くらいの心構えでおりますw

気になるサイトは区分けされていない、車乗り入れ不可のフリーサイトとなっており、GW時期の繁忙期土日とあって4000円だそうです。
詳細は下記の通り。

1予約:テント1張+タープ1張り 
※テント2張以上の場合、プランを追加してご予約ください。

 フリーサイトの為、区分けはありません。森の中で気に入った場所にテントを張っていただくスタイルをとっております。

≪料金≫

オフシーズン /2,500円
通常シーズン /3,000円
ハイシーズン /3,500円
ピークシーズン/4,000円

プラン基本情報
定員~7名
チェックイン14:00~
チェックアウト10:00
食事朝食:なし夕食:なし
AC電源無し
車両乗入不可
ペット可 ※ペットは必ずリードやケージをお使いになり放し飼いにしないでください。


林間サイトなので木陰に囲まれ、自然の日陰の中で涼しく過ごせそうですね。
PICA富士吉田でも日中最高気温27度ほどの気温に暑いくらいでしたが、標高が高いこともあり夜ともなると10度前後まで下がり、結構寒くなります。
SUMIKA CAMP FIELDは本栖湖がすぐ近くなので湖面から吹く風もあると予想しており、ちょっと寒さ対策が必要かもしれません。ダウンジャケット持っていこうかな。。。
また、こちらのキャンプ場近辺15Km範囲にスーパーマーケットなどの施設が無いようなので河口湖ICを降りたら途中のベイシア富士吉田店いちやまマート城山店であらかじめ一通りの買い物は済ませておいた方が良いです。
その他にホームセンターでJマートがありますのでこちらで木炭や薪、ちょっとした食器や道具などもこちらで揃えていかれると良いのではないでしょうか。

そうそう、薪といえば「渡辺製材所」さんという材木屋さんがありまして、是非こちらで購入されていくことをオススメします!
キャンプ場でも薪は購入可能なところは多いですが薪によって大体一束500円から高いものだと1000円以上しますよね。
僕も過去2回こちらで購入させて頂いたのですが、この渡辺製材所さんには作業場の前あたりにどーんと束ねられた薪が並べられ、焚き付け用の小さな薪が一束200円、火持ちする大きな薪が300円という非常~にお安く売って頂けます。

富士五湖周辺でキャンプをする時には、ぜひこちらで薪を購入してキャンプ場に向かいましょう!



来週キャンプ行きましたらまたレポさせていただきます。
キャンプ場の予約をするなら【J-outdoor】

↑このページのトップヘ