キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね

コールマンの「クリスマスランタン」とは?





コールマンのビンテージランタン、通称クリスマスランタンはご覧の通りコールマングリーンのタンクと上部の傘(ベンチレーターと言います)が赤色なのがこのタイプの特徴で、クリスマスタイプは1951年4月~同12月迄生産されていたと言われています。

ちなみにこちらのインスタの右側ふたつのランタンはぼくも複数個持っている通称赤ランタンで、200Aというタイプです。

200シリーズは『200→200A→200B』とモデルチェンジしていき、「B」が現在量産されている物です。

#coleman #コールマン #lantern #ランタン #SEASONSLANTERN #シーズンズランタン #シーズンズランタン2005 #シーズンズランタン2006 #シーズンズランタン2007 #シーズンズランタン2008 #シーズンズランタン2010 #シーズンズランタン2011 #シーズンズランタン2012 #シーズンズランタン2013 #シーズンズランタン2014 #シーズンズランタン2015 #シーズンズランタン2016 #シーズンズランタン2017 #シーズンズランタン2018 #まぁる会 #この写真が撮りたく #お邪魔しました #関係者と参加者の皆様 #お話しさせていただいた方々 #ありがとうございました🙇 #camp #キャンプ #ウッディパル余呉 #excamp

やばやんさん(@ya_ba_yan)がシェアした投稿 -


これらの「シーズンズランタン」が200Bです。
このシーズンズランタン、毎年色んなカラーで発売されていますが一瞬で完売するほど大人気なんですよ!

今回入手したクリスマスランタンは1951年4月製造の200

IMG_20180711_124339
こちらが今回ぼくがebayで落札して、先日届いたクリスマスランタンです。

が、クリスマスランタンは200。 「A」がないんですね。
i-img1200x675-1531203602gqgtod29703
こちらのカラーにも200の刻印がされております。

クリスマスは3タイプ存在します。

私も出会った数が少ないモデルで、正直詳しく説明が出来ません^^;、情報求む!。
たった1年の間に、変更箇所が多く見られるモデルで、コールマン社も、より良いモデルの開発に
色々挑戦していた頃の発展途上モデルだと思います。(思索販売がされた時期?)

クリスマス初期200(A無し)
圧倒的に数が少なく、私も現物確認したことが有るのは1度だけで、正直詳しく判りません^^;
詳しい情報等御座いましたら、ご連絡頂けると助かります。
判る範囲内では、1951年3月又は4月のみに生産された物で、ブラスのタンクにデカールは無く、
サンシャインマークがタンク後部に有り、生産年代が、タンク底に記載されている。
たぶんクロームタンクをコストダウンの為に?、緑の塗装に変えただけで、作り自体は、200クロームUSAと殆ど変わらないと思います。

クリスマス中期200A(ここからAモデルスタートです)
1951年6月頃、ブラスタンクから鉄のタンクに変更になっただけで、他は初期と殆ど変わりません。

クリスマス後期
1951年10月頃、初のデカール付き200Aの登場です。
鉄のタンク、鉄のカーラー、中期モデルにデカールが付いたくらいが変更点だと思います。
前期、中期は試作販売だったのか?、このモデルは前者2モデルに比べると比較的多く見かける感じがします。

3種共に、グローブは、緑色でコールマンと記載されたスタンプにロゴの反対側PYREXになっています。

ポンプの止め具はねじ式で、2箇所止められています。

写真を探して3種類のランタンを、近いうちに掲載致します^^!
知識が細く、余り約に立てない説明で申し訳有りません^^;。

どのタイプも、有る程度の人気は有りますが、極たまに低価格で落札されている事があります。

2005/07/21現在
引用元:地球二丁目倉庫

まとめますと、

  • クリスマスランタンは1951年代の一年間だけ製造されていた
  • クリスマスランタンは3種類ある
  • クリスマスランタンは200と200Aの型式が存在する
  • 最初期型の200は1か月間しか製造されていない

13年前の時点でこのような記述があることから、今回入手したクリスマスランタンは2018年現在では更にその希少性は高まっているでしょう。
IMG_20180711_124440
タンク底面に「51 4」とあります。

まぎれもなく1951年4月製造のクリスマスランタンです。

タンクが真鍮(ブラス)のため塗装の剥げた部分が鉄と異なってサビておらず、ビンテージ感を醸し出しています。
IMG_20180711_124414
グローブもオリジナルの「PYREX」。

傷みや割れもありません。
IMG_20180711_124516
金属部品の部分もサビなどなく、非常にキレイな状態です。

画像にはありませんがフィラーキャップのパッキン交換が必要なくらいで、燃焼テストも問題ありませんでした。

ということで、ランタンのことに興味も関心もない人にとってはなんの役にも立たない情報でしょうけど、気持ちがたかぶってしまって書かずにいられませんでした(;^_^A

ランタンばかりが増えていく今日この頃です。

アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】

ついに到着、FIELDOORのワンタッチタープ(2m)

痛恨のサイズ誤りによりワンタッチタープの設営を断念して1週間。

宣言通り本商品をネット通販で購入しました!

関連記事:【CAMP】自宅の庭にワンタッチタープを設置して自分だけの「ガレージ」が欲しい!


前回購入したこちらのタープ、日除け用兼ご近所の目隠し用としてサイドシートも付けて買ったのに、タープの庇(ひさし)分を考慮していなかったため、塀と自宅の建物がぶつかってしまい設営できなかったというおはなし。

このColeman商品は別なキャンプやバーベキューなどの機会に使うもの!と割り切って今回は自宅の庭にフィットするものを、ときっちりと庭のサイズに合うものを吟味して注文しました。

なんか最近すごい無駄遣いしているのでそろそろ奥さんからお叱りを受けそうですが、
『家の中でランタン作業したら危険じゃん?』
『外で作業した方がウチが汚れないじゃん?』
『庭でバーベキューだってできるじゃん?』
とじゃんじゃん攻撃でなんとか同意を得ることができました。


 

さっそく開封、設営してみた

20180710_132402
じゃーん。こんな感じです。
この特徴的な柄は「ネイティブ」というものでして、どうせ買うならバーベキュー会場で見かけるような「いかにも普通」なものよりちょっとオリジナリティを出したいと思ったものでw

自宅の庭(通路?)に置いたところうまい具合に収まってくれました。
サイドのシートもいい具合に日除け&目隠しになってくれてます。
20180710_132511
タープ天井の中央部分にベンチレーター(空気の逃げ道)がついているので通気もよいはずです。

ちなみに組み立てそのものは一人ではムリです。
最低二人で四本のポールを引き延ばしながら設営していきましょう。

ウチの狭い庭で奥さんに手伝ってもらいながら設営したのですが周囲に十分なスペースがないとけっこう苦労します。
20180710_132518

基本的に天気予報で風の強い日だとわかった時以外は設営しっぱなしにしとくつもりなのでペグも打っておきました。
ホントはロープも張った方がいいんでしょうけどお隣さんの家にまでロープがいってしまいますので、とりあえずこの状態でしばらく様子を見ることとします。
台風とかきたらすかさず撤去!ですね。
20180710_132459
こんな感じでランタンを置いて作業する風なイメージ画像です。
物置も目の前にあるのでキャンプ道具、メンテナンス工具なんかもすぐに取り出せるので重宝しそう。
ちょっとした昼寝スペースなんかにもいいかなー、なんて思って寝転んだんですがウチの庭の地面は砂利なんでゴツゴツしててとても寝られたもんではありませんでしたよ。

ほんとは2m四方のこのサイズではなく、もっと大きなサイズが欲しかったのですが結果として自宅庭のスペース的にこれが一番フィットしてました。

思ったよりも小さくもなくて、作業スペース&夫婦BBQなら十分なサイズだと思います。

さあ、これでまたランタンのメンテナンス作業がんばるぞー!!

世界初のワンタッチテント

祇園祭と言えば京都、しかし千葉県成田市にも祇園祭があります

20180708_112322
7/7(土)に奥さんの実家に泊まり、翌日に成田祇園祭に行ってまいりました。

「祇園祭」といったら京都、というイメージがあったのですが、ここ千葉県成田市でも毎年この七夕の時期三日間にわたってこのお祭りが開催されています。
20180708_112700
ぼくはこのお祭りに来たのは2回目だったのですが、ものすごい人、そして活気でした。

この日は若干の曇り空でいくぶん日差しは和らいでいたものの、やはりこの時期「蒸し暑い」!
20180708_113043
きゅうりの一本漬けを食べながら身体を冷まそうと試みましたが、写真の看板にあるSUPER "DRY"も飲んだせいで、けっきょく発汗が止まりません(笑)

世界初のワンタッチテント


成田祇園祭のいちばんの盛り上がりどころ、「総引き」

20180708_132827
この日は3日目、つまりこの成田祇園祭の最終日であり、10台ほどの山車や神輿が坂下から一気に駆け上る「総引き」というものがあり、その山車を各チームの方々が引き上げていく様はなかなか圧巻の見ごたえ。

奥さんは小さい頃はこのお祭りに参加して着物を着てお囃子をしていたことがあるそうで、
「やっぱり久しぶりにこうやって見ると参加したくなってきちゃうよー」
と言っていました。

ぼくの地元ではこんな大きなお祭りはないので、そういった経験がありません。

小さいころからこういった風に色んな地域の大人や子どもたちといっしょにお祭りを通して触れ合う機会があるというのは貴重なものだなあ、とぼんやり考えていたぼくなのでした。

成田といえば「鰻」ということで生まれて初めて鰻屋さんで食事した

千葉県成田市って鰻で有名なんですね。
といってもぼくがそのことを知ったのは奥さんと知り合ってからなんですが。
成田のゆるキャラ「うなりくん」もいます。

unari_pattern_05l
こうしてよく「うなりくん」を見ると
  • うなぎのフォルム
  • 「成田」の名札
  • 成田空港にちなんだとおぼしき飛行機の翼
を有しているのですねー。
足は飛行機の車輪ではなくふつうのゆるキャラらしいものです。


20180708_112755
お祭りの合間に整理券を取って予約をしておいた鰻屋「川豊」にやってまいりました。
約1時間ほどの待ち時間でした。

20180708_112804
店先では職人さんたちが手分けをして鰻をさばき、串に刺していく様子が実際に見られました。
よくよく観察すると、やはり若い人よりある程度の年齢の人の方が手慣れた様子であることもわかります。
こういった作業はやはり年季がものをいうのでしょう。
とくにぼくが興味深く見ていたのがこちら。
20180708_121927
「グサ!」と鰻の首あたりに楔を刺しています。
この職人さんのすぐ脇にある大きな桶の中で今の今までうねうねとしていた鰻です。
20180708_121930
手慣れた様子で真っ二つにおろして骨も取り除かれていきます。
そんな状態にもかかわらずまだいくらか動いている鰻。
こうして順番待ちをしていたぼくたちの胃袋にもうじき入ってしまうのでしょう。

ぼくがあまりにも「じーっ」と見ていたからか奥さんが
「知らない人はこういうのやっぱ珍しいんだね、あたし子供のころから学校の帰りとかにさんざん見てたからなんとも思わないよ」
とのこと。

20180708_124110
そして席に案内され待つこと約10分。
登場した「上うな重」3,600円也。
『やっぱ鰻って高いよな…でもお義父さんが出してくれたからラッキー!』

っていうかぼくもこの瞬間に気づいたんですけど、いまのいままで生まれて40年以上経ちますがぼくの記憶に「鰻屋さんでうな重を食べた」というのは記憶にありません。

親にも連れてきてもらったことないです。

鰻そのものはもちろん食べたことありますけど、たぶんそれも家庭の夕食で母親がスーパーマーケットで買ってきて焼いてくれたうな丼、だったり大人になってからたまの贅沢とおもって食べた「すき家のうな丼」くらいで、ちゃんとしたこういう老舗っぽいムード漂うお店では食事したことってないよなー、と思いました。

そのことを奥さんとお義父さんお義母さんに話したら「えー」と若干驚かれましたけど、この成田周辺で育った、住んでる人は普通に来てるんですかね?

それともウチがただ単に貧乏だっただけかもしれません(笑)

食事を終えた我々はそのまま
お義父さんお義母さんに食事のお礼をしてからお別れ、御輿還御式」は見ることなく帰宅したのでした。

7月8日(日曜日)16時30分~ 大本堂前

御輿還御式

最終日8日(日曜日)、16時30分から御輿還御式が行われます。

3日間の渡御を終えた御輿を、山車・屋台が揃ってお出迎えします。

 

山車・屋台 競演(総踊り)

最終日8日(日曜日)、成田祇園祭の締めくくりとも言える山車・屋台 競演(総踊り)が行われます。

御輿還御式後、総踊りが開催されます。皆様の声援に応えて、若者がハツラツと踊りを披露します。

 

  

手古舞について

シャン、シャン、シャン。

祭り囃子の音色と共に錫杖を叩く音が聞こえてきます。手古舞(てこまい)の登場です。

昔は芸者衆や婚礼前の女性がつとめていましたが、昨今は小学校の子供達がつとめています。

着物に伊勢袴、足袋と草履を履き、背中には花笠をつけます。手に持った錫杖を鳴らしながら山車や屋台を先導します。

手古舞の衣装は、若者連の祭り半てんや扇子と同様、各町内によって色やデザインが様々です。

見比べてみるのも面白いですね。

迫力のある山車・屋台の引き回しに華をそえる手古舞の行列、愛らしい子供達の姿は私達の目を楽しませてくれます。

 

引用元:成田市観光協会公式サイト

↑このページのトップヘ