本日もワイキキは快晴です!

20180618_101951
4日目の朝です。本日も晴天なり。
20180618_101927
お部屋の外のラナイを撮ったんだけど、左上に自分の指がカブってます(笑)
20180618_101944
ラナイから下を見下ろすの図。
毎日、この下で家族4人で一服を何度したことか。
1日4~5回は喫煙してました。もっとかな?
敷地内では吸えないので道路端で吸っていたらお義父さんがホームレス風のひとにタバコをせがまれてましたw

オアフ島の3大リサイクルショップで激安ショッピング

ぼくの今回の旅行の一番の目的と言っても良いでしょう。

それが本日のリサイクルショップ(スリフトショップ)巡りです。

関連記事:【CAMP】コールマンのビンテージランタン「200A」をeBayで落札しちゃった!

オアフ島にはSAVERS(セイバーズ)、SALVATION ARMY (サルベーションアーミー)、GOOD WILL(グッドウィル)と3大スリフトショップがあります。

スリフトショップとは日本でいうリサイクルショップ、またはセコンドハンドショップや古着店のようなお店です。

1.SALVATION ARMY (サルベーションアーミー)
20180618_112355

まず一軒目にやってきたのがサルベーションアーミーのホノルル店。

サルベーションアーミー ホノルル店はワイキキから向かうとチャイナタウンの少し先に位置しています。

今回ぼくたちはレンタカーで行きましたが、ワイキキからはTheBusの42番で行くことができます。

20180618_112408

さっそくこちらでアロハシャツやTシャツなどを5着ほど購入。
金額は日本円で3,500円くらいでした。

しかし驚いたのは価格が激安なことです。
日本のリサイクルショップの仕入れ方法はお客さんから商品を購入(買取)してそれを売るので値段にリーズナブル感がないんですよね。少なくともぼくは。

でもハワイのスリフトショップは住民の寄付が商品になっています。
だから値段が本当に安い!!1.99ドルのTシャツもありました。
しかも日本で買う古着よりかっこいいデザインだったりします。

このようにスリフトショップは寄付で成り立っているのですが旅行者も寄付することができるそうです。

ぼくはハワイ旅行に行くときに古い靴や古いシャツなどを現地のホテルで捨てて、その代わりにアラモアナショッピングセンターやワイケレアウトレットで新しいものを調達していたのですが、次回は寄付にも挑戦したいなと思いましたよ。

2.SAVERS(セイバーズ)
20180618_125915

つぎにやってきたのはセイバーズ。
ワイパフ店です。
ウェストゲイト・ショッピング・センター内の敷地にどーんとあります。


20180618_125935

こちらでもビラボンやレインスプーナーのアロハシャツ、ニューバランスのスニーカー、アメリカンイーグルのジーンズなどを買いました。
金額は日本円で7,000円くらいでした。

そんなにアロハシャツ買ってどーすんだ、ってくらい買いましたが、お土産にもなるし良いよね!と自分に言い訳しながら買いましたw

3.GOOD WILL(グッドウィル)
1530000179239

3つ目に訪れたのがグッドウィル。
久しぶりにカイルア方面にも行ってみよう、と思っていたのですがおあつらえ向きにグッドウィルがあることを知り、まっしぐらにやってきました。


1530000183823

1530000187146
3つ目にしてようやく店内の写真をお見せできます。奥さんありがとう(笑)
1530000189954
どこのスリフトショップに行ってもアロハシャツは定番商品ですね。
こちらでもレインスプーナーのアロハシャツと短パンなど約5,000円ほど買い物をしました。

ぼく、もともとケチというか節約家体質なんですけど、今回は古着とはいえ「爆買い」をしてかなり快感を覚えてしまいました。

ちょっと今までの殻を破って、新しい自分になれそう。
と言ったら、奥さんに「やめて!」と笑いながら恫喝されました。

あれ?Wi-Fiルーターが動かない?

20180618_144344
スリフトショップのあとはスーパーマーケット「WHOLE FOODS MARKET」にやってきました。

初日に買ったビールもそろそろ尽きかけていたのとお土産を見に立ち寄ったのです。

Macky1973さんの投稿写真

こちらではデザインの可愛いエコバックが置いてあります。
シンプルなエコバッグのほか、キャンバスやジュートなど普段使いできそうな素材のトートバッグ、保冷・保温効果のあるミニバッグなど、さまざまな種類が見つかります。
20180618_144505
広大な店内に所狭しと並ぶ商品の数々。

その多くは地元の農家を積極的に支援しているホールフーズマーケット、ハワイの太陽を浴びて育った農作物がいっぱい並んでいます。ハワイで生産された商品を探すとき、目印になるのがLocal(ローカル)と書かれた看板。バナナなどのフルーツはホテル泊の観光客でも気軽に買えますね。

このあたりで気づいたのですがスマホを店内でいじっていたらなぜかWi-Fiが繋がらない。

ずーっと再起動を繰り返したような状態で電波が入ってくれません。

どうしたものか、と思い、レンタル時に渡された案内書類にトラブル時の連絡先(日本の電話番号だけど通話料無料)があったので連絡したところ「ワイキキショッピングプラザ」に現地デスクがあるとのこと。
買い物を済ませてからグローバルWi-Fiのカウンターに向かいました。
20180618_181815_HDR
「ワイキキショッピングプラザ」の正面写真です。
無題
場所はこちら、フロアーは3階です。
20180618_181549
ありました。現地のオフィスです。

あらかじめ電話しておいたことを伝えるとすぐに代替機を渡してもらえましたのですごくスムーズでした。
しかも翌日グローバルWi-Fiからメールが来て事実上使えなかった期間のレンタル料金は返金してくれるとのこと。
なんたる神対応!
実際のところグローバルWi-Fiが使えなかった間はレンタカーのオプションで付いてきたナビゲーション(正確には日本語GPS機能付きのタブレット)がテザリング通信OKだったので、そちらで凌げていました。
なのでそんなに不自由しなかったのが正直なところなのですが、こういった海外でスムーズに対応してくれる体制が整っている会社には安心感があるなあ、と感じました。


夕飯は久しぶりの日本食レストラン「和さび・ビストロ」で

20180618_185131

Wi-Fiルーターを交換してもらったら夕飯の時間です。
お義父さんお義母さんがちょくちょく利用していたという日本食レストラン「和さび・ビストロ」にやってきました。

実はこのお店、ホテルのゲートを入って、プールサイドを横切った奥の奥、一見とっても分かりにくい所にあるのですが芸能人なども多く訪れる有名店なのだそうです。
20180618_185322
料理はご想像通り、なに食っても旨かったです(笑)


このお店のなかで一番印象的だったのが『和さび・NO-1・スペシャル』($11.50)。
IMG_1970
ぱっと見、たこ焼きみたいですけど、カニ、アボカド、白身魚のすり身を秘伝のソースで焼いたとても複雑な味でちょっと今までの人生でも食べたことない味でした。
奥さんもお気に入りでお替りしてました。 

本日最後のショッピングはワイキキビーチウォーク「HiLife」

20180618_210556
食後もショッピングです(笑)

正直このころにはぼくはドライバー兼通訳でヘトヘトでしたが、ここには寄っておきたいと思い最後の力を振り絞ってやってきました。
IMG_1970

この印象的なロゴマークには意味があって、しっかりと大地に根を張る樹の枝にHawaiiの島々が枝葉となって繋がっている姿が表現されています。
Hawaiiの島々というのはそれぞれ独特の気候と雰囲気を持っていますが、もとは同じルーツであり、共に生きているということを象徴しています。

こちらのお店ではぼくと奥さんのTシャツと上のロゴステッカーを買いました。

怒涛の4日目が終了!

といった具合に今回はスリフトショップのことばかり書いてたら長文になってしまいました。
それ以外にも内容盛りだくさんでこの記事を書いているいま、この日の事を振り返ると「よく動き回ってんなー」と感じます。

ここでスリフトショップでの買い物内容が書ききれなかったので、次の記事で「4日目番外編」を書きますのでお楽しみに(笑)


海外インターネット
グローバルWiFi