コールマンの「クリスマスランタン」とは?





コールマンのビンテージランタン、通称クリスマスランタンはご覧の通りコールマングリーンのタンクと上部の傘(ベンチレーターと言います)が赤色なのがこのタイプの特徴で、クリスマスタイプは1951年4月~同12月迄生産されていたと言われています。

ちなみにこちらのインスタの右側ふたつのランタンはぼくも複数個持っている通称赤ランタンで、200Aというタイプです。

200シリーズは『200→200A→200B』とモデルチェンジしていき、「B」が現在量産されている物です。

#coleman #コールマン #lantern #ランタン #SEASONSLANTERN #シーズンズランタン #シーズンズランタン2005 #シーズンズランタン2006 #シーズンズランタン2007 #シーズンズランタン2008 #シーズンズランタン2010 #シーズンズランタン2011 #シーズンズランタン2012 #シーズンズランタン2013 #シーズンズランタン2014 #シーズンズランタン2015 #シーズンズランタン2016 #シーズンズランタン2017 #シーズンズランタン2018 #まぁる会 #この写真が撮りたく #お邪魔しました #関係者と参加者の皆様 #お話しさせていただいた方々 #ありがとうございました🙇 #camp #キャンプ #ウッディパル余呉 #excamp

やばやんさん(@ya_ba_yan)がシェアした投稿 -


これらの「シーズンズランタン」が200Bです。
このシーズンズランタン、毎年色んなカラーで発売されていますが一瞬で完売するほど大人気なんですよ!

今回入手したクリスマスランタンは1951年4月製造の200

IMG_20180711_124339
こちらが今回ぼくがebayで落札して、先日届いたクリスマスランタンです。

が、クリスマスランタンは200。 「A」がないんですね。
i-img1200x675-1531203602gqgtod29703
こちらのカラーにも200の刻印がされております。

クリスマスは3タイプ存在します。

私も出会った数が少ないモデルで、正直詳しく説明が出来ません^^;、情報求む!。
たった1年の間に、変更箇所が多く見られるモデルで、コールマン社も、より良いモデルの開発に
色々挑戦していた頃の発展途上モデルだと思います。(思索販売がされた時期?)

クリスマス初期200(A無し)
圧倒的に数が少なく、私も現物確認したことが有るのは1度だけで、正直詳しく判りません^^;
詳しい情報等御座いましたら、ご連絡頂けると助かります。
判る範囲内では、1951年3月又は4月のみに生産された物で、ブラスのタンクにデカールは無く、
サンシャインマークがタンク後部に有り、生産年代が、タンク底に記載されている。
たぶんクロームタンクをコストダウンの為に?、緑の塗装に変えただけで、作り自体は、200クロームUSAと殆ど変わらないと思います。

クリスマス中期200A(ここからAモデルスタートです)
1951年6月頃、ブラスタンクから鉄のタンクに変更になっただけで、他は初期と殆ど変わりません。

クリスマス後期
1951年10月頃、初のデカール付き200Aの登場です。
鉄のタンク、鉄のカーラー、中期モデルにデカールが付いたくらいが変更点だと思います。
前期、中期は試作販売だったのか?、このモデルは前者2モデルに比べると比較的多く見かける感じがします。

3種共に、グローブは、緑色でコールマンと記載されたスタンプにロゴの反対側PYREXになっています。

ポンプの止め具はねじ式で、2箇所止められています。

写真を探して3種類のランタンを、近いうちに掲載致します^^!
知識が細く、余り約に立てない説明で申し訳有りません^^;。

どのタイプも、有る程度の人気は有りますが、極たまに低価格で落札されている事があります。

2005/07/21現在
引用元:地球二丁目倉庫

まとめますと、

  • クリスマスランタンは1951年代の一年間だけ製造されていた
  • クリスマスランタンは3種類ある
  • クリスマスランタンは200と200Aの型式が存在する
  • 最初期型の200は1か月間しか製造されていない

13年前の時点でこのような記述があることから、今回入手したクリスマスランタンは2018年現在では更にその希少性は高まっているでしょう。
IMG_20180711_124440
タンク底面に「51 4」とあります。

まぎれもなく1951年4月製造のクリスマスランタンです。

タンクが真鍮(ブラス)のため塗装の剥げた部分が鉄と異なってサビておらず、ビンテージ感を醸し出しています。
IMG_20180711_124414
グローブもオリジナルの「PYREX」。

傷みや割れもありません。
IMG_20180711_124516
金属部品の部分もサビなどなく、非常にキレイな状態です。

画像にはありませんがフィラーキャップのパッキン交換が必要なくらいで、燃焼テストも問題ありませんでした。

ということで、ランタンのことに興味も関心もない人にとってはなんの役にも立たない情報でしょうけど、気持ちがたかぶってしまって書かずにいられませんでした(;^_^A

ランタンばかりが増えていく今日この頃です。

アウトドアとフィッシングの専門店【ナチュラム 】