IMG_20180522_152920
およそ4年間使用した僕のスマホ、isai LGL22ですが、ここ半年ほど電池の使用時間が短くなってきていました。

購入当初2014年初頭はauのキャリア回線を使用していましたが、ここ数年現れ始めたMVNO(格安SIM)に興味が湧いてきて「ホントにこんな安くなるの!?」と半信半疑ながらキャリアの保証等を鑑みてauでしばらく使用していました。

そして2016年、電源不良になったためauの故障紛失サポートのサービスを利用し、同一機種を手に入れ端末が新しくなったタイミングで「えーい、ままよ!!」との思いに駆られ『mineo』にMNPしたのでした。

mineo公式HPはこちら⇒mineo(マイネオ)|au・ドコモどちらでも使えるおトクな格安スマホ(SIM)

数ある格安SIM会社の中からmineoにした決め手は
既存の端末をSIMロック解除する必要なくそのままmineoのSIMを差し替えれば使える!
というところが大きなポイントでした。

無題

僕の場合はauプラン(Aプラン)でデュアルタイプ(データ通信+音声通話)でデータ容量3GBのものを選択。
当時auで5GBのデータ容量だったのですが正直そこまで使いきれていなかったのと自宅でWi-Fiも使用していましたし、1か月間でギリギリいけるかなー、くらいの気持ちだったと記憶しています。

しかし、基本料金だけで月額1,510円(税抜)というのは大きな魅力でした。
それまでauで通話料込みで7,000円程度毎月支払っていた記憶があります。

そしてmineoにMNPした感想としては「大満足!」のひとことです。

「キャリアの端末保証がなくなる」
「あくまで大手キャリアの回線を間借りしているからお昼休みの時間帯は通信速度が遅い」
「なんだかめんどくさそう」
「なんだか大手じゃないから不安」


といった雑音が聞こえてきたのは確かですが、実際mineo回線を2年使用してますが、不便なことは一切感じてませんね

僕自身お昼休みは好きな時間に行けるので通信速度についても回線が混みあうと言われている12時から13時に使用しませんし、そもそも他の時間帯でもストレスを感じたことはありません。
無題

自宅でのWi-Fi使用も功を奏してかこの記事を書いている5/22時点で今月の使用データ量は1.7GBほど。
のこり4.5GBほどあります。
mineoは余ったパケット使用量を翌月に繰り越してもらえるのが大きい...たぶん残りもたっぷり来月分に回されることでしょうね。
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

ということでmineoのことばかり書いてしまいましたが、今まで使用していたisai LGL22の電池劣化により次の機種をこの1か月くらい探してました。
実際isai LGL22にも全く不満は無く、強いて言えば最近動きがもっさりしてきたかなー、くらいのものでしたし、それであれば同じisaiの新しいモデルにしてみようという気持ちに。
無題

『価格.COM』での評価も概ね好意的なものが多かったので、買いましたよヤフオクで。
送料込みで32,000円でした。

で、新端末LGV34も届いたので「わーいSIM差し替えて設定しよーっと」と差し替えたらアンテナマークが表示されない。
『なぜ??まさか、端末がmineoに対応してない??もう端末買っちゃったよ、どうしよう??』
と慌てながら奥さんにも手伝ってもらいながらよくよく調べてみると「SIMカード種別」がそれまで使用していたLGL22が【nano】なのに対しLGV34は【au VOLTE(nano)】であることが判明。

「なんだ、それならmineoでVOLTEのSIMを再発行してもらえればいいのね!」
と安心したものの次に頭をよぎったのがその手数料。
調べてみると『2,406円(事務手数料2,000円+SIM発行手数料406円)』也。

「ムムム…」となったものの、もう後には引けません。
mineoサイトからSIM再発行を申し込み、本日に至った訳でした。

そしていざSIMを差し替えて新しい端末で使うぞ!と意気込んだ僕でしたが、まだ障害があったのです。。。

(つづく)