無題

前回の続きです。

関連記事:【mineo(マイネオ)】機種変更(isai LGL22⇒isai Beat LGV34)しました(前編)

せっかくヤフオクで購入したLGV34。
到着した新端末にSIMを挿してもアンテナが立たなかった理由、それはLGL22のSIMが「VOLTE対応」のLGV34と異なっていたからなのでした。

そこでmineoでVOLTEのSIMを再発行『2,406円(事務手数料2,000円+SIM発行手数料406円)』を申し込み、新しいSIMが届いてめでたしめでたし…とはなりませんでした。


同じ番号でもSIMが変わるので『回線切替』が必要

無題
新しいSIMをそのまま挿しても使えません。

どうやらmineoのマイページから回線切替作業が必要なようです。
僕の場合は赤枠の「端末を変更する場合」に該当します。
無題
自分の携帯電話番号と届いた新しいSIM製造番号(ICCID)の下4桁を入力して〔回線切替〕ボタンをクリック。
無題
あとは「回線切替受付メール」の受信を自分のgmailで確認したので30分後には使えるはず。

使えるはず。(1時間後)

使えるはず。(2時間後)

使えないじゃんよ!なにこれ!?壊れてんのか!?嘘でしょ!
そうなんです。いつまで経ってもアンテナマークの横でグルグルと電波を掴もうとLGV34は必死で稼働しているのに一向にアンテナが立たないのです。

「まじか…」

途方に暮れる僕でしたが勇気を振り絞って検索、検索。するとmineoのサポートダイヤルを発見。
藁にも縋る気持ちで電話しました。

無題
僕「あの、すみません、SIM再発行して差し替えたのに電波立たないんです」
オペレーターの男性「かしこまりました、一度電源を立ち上げ直してください」
僕「はい…」
僕「…」
僕「た、立ちました!アンテナマークと4Gの文字が出ました!」
オペ男「あ、それではこのままお使いくださいませー」

なんという事でしょう。
私、見逃していました。

STEP4

メール受信後、30分程度で回線切り替えが完了いたしますので、端末の電源を入れて、テストコール〔111(※通話料無料)〕をダイヤルしてください。

電源再起動していなかったという...お恥ずかしい、お手数お掛けしました。

その後無事におサイフケータイやらLINEやらgoogle関連サービスやらの移行も無事に現在に至った次第です。

いやー、仮にも僕、事務方とはいえ携帯電話業界に身を置く立場なのですが、このような些細な見落としというか気づきが足らなかったことに愕然としています。

はい、こないだのモビリオスパイクのキーレス故障事件の時に通じるものがあります。

関連記事:【モビリオスパイク】キーレスが反応しなかった理由

とにもかくにも、新しいスマホとなり、電池の持ち時間も著しく改善されました。
これで今後も精進してこちらのライブドアブログも日々更新して参りますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。(笑)

紹介キャンペーン実施中!Amazonギフト券1,000円分をプレゼント