キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね

カテゴリ: 節約

チャタリングで有名なマウスM570をメルカリで買った

IMG_20180907_154748
こちらのロジクールのマウス「M570」、買いましたよ、メルカリで。

しかも商品説明欄に
『難あり品です。
左クリックが接触不良を起こしているのか、ダブルクリックのような押し方をしないと、シングルクリックが効きません。
その他の動作は正常です。』
と記載があったのに。

なぜそのような状態でも買ったのか?と聞かれると答えは単純明快
「自分で直すの好きだから!」
です(笑)

これはぼくがビンテージランタンを扱っているのと通じるところがあります。

既にこの記事を書いている現時点で修理は完了しましたのでちょっと誰かの役にたつと嬉しいです。




結論から申し上げると、マウスのチャタリングは「接点復活剤」で直しました。

ほかの方のブログでも紹介されてたので参考にしながらです。

参考:ロジクールM570の分解とチャタリング修理(スイッチ交換よりも接点復活剤がおすすめ)

IMG_20180907_151017
マウスを裏返してネジを4か所それぞれ精密ドライバーのマイナスで緩めて外しました。

しかし、もう1か所ネジはあります。

電池マークの「1.5v AA」と記載されたシールの裏側にもう一本ネジが隠れています。
IMG_20180907_151132
ちょうど「5」のあたりに精密ドライバーをぶすっと刺してくるくるすると手ごたえがありますのでそのまま緩めましょう。
IMG_20180907_151426
はい、これでトラックボールも含めてばらし完了です。

IMG_20180907_151736
内側を見るとホコリやゴミが。

せっかくなのでエアダスターでゴミを飛ばして拭き掃除もしてしまいましょう。
IMG_20180907_151517
ぼくはダイソーの拭き掃除万能シートでトラックボールや内側の汚れを拭き落としました。
IMG_20180907_152150
だいぶキレイな状態になってくれました。

さて、ここからが本番です。

肝心のチャタリングを直さなくてはいけません。
IMG_20180907_152454
使用したのはこれです。

IMG_20180907_152522
ライムグリーンの長方形の部品の黄色いのがクリック時のスイッチ部分になります。

こちらに接点復活スプレーを「チュッ」と2か所、それぞれ吹き付けます。
IMG_20180907_152648
スプレーを吹き付けたら、こんな感じでそれぞれの黄色いスイッチを精密ドライバーで「カチカチ」と数十回押して液体を接点に浸透させます。

てか、すね毛(笑)

あとはばらした部品とネジを組み直したら完成です。

作業時間は10分ってところでしょうか。

で、いま直したマウスでブログを書いているのですが、すっかり接触不良はなくなって何の問題もなく操作できてます。

いやー、こうやって半分ジャンク品を自分の手で直すのって楽しいなー。

と、あらためて自分の性分を確認したのでした。

以上です!!


グローバルWiFiでスマホの海外パケット料金を節約!
以前ご紹介しておりますが、6/15からハワイ旅行に行くのにあたって現地のグルメや観光スポットを調べるのに、スマホは必需品ですよね。

関連記事:【CAMP】埼玉県の穴場「木のむらキャンプ場」帰り道に「とうふ工房わたなべ」へ!2日目

わたくし、格安SIMのmineo(マイネオ)を利用していて、以前のドコモと比べて月額料金を5,000円近く安く利用できています。

関連記事①:【mineo(マイネオ)】機種変更(isai LGL22⇒isai Beat LGV34)しました(前編)
関連記事②:【mineo(マイネオ)】機種変更(isai LGL22⇒isai Beat LGV34)しました(後編)

mineoも3大キャリアのdocomo、au、softbankと同様に海外ローミングが出来ます。

海外ローミングできるので現地で自分の電話番号で発信・着信、インターネット通信が可能なのですが、このローミング料金が高いんですよね。

softbankなどでも海外ローミングだとそのまま使えますが、定額でも1日2,980円掛かるので、それであればポケットWiFiをレンタルしたほうが断然お得です。

でWiFiルーターをレンタルして現地でのインターネット通信環境を確保しよう、となったわけです。

これがあれば海外でもLINEやGoogle Mapsが利用できますね。

グローバルWiFiはイモトのWiFiよりもお得!

「WiFiルーターをレンタルしよう!」
となったときに真っ先にアタマに浮かんだのは「イモトのWiFi」でした。

なので途中までイモトのWiFiの公式HPから申し込みを進めていたのですが、
「いや、ほかの会社も調べてみた方がいいんでは?」
との思いがよぎりました。

で、即座に調べたところ、結論から言いますと、
グローバルWiFiのほうが安い
です。

今ならこのサイト経由でグローバルWiFiの申し込みをすると5%オフになり、更に本来掛かる受取手数料(540円)が無料となります。

対するイモトのWiFiは500円OFFのみ。
無題
ハワイは観光地として人気だからか、ほかの国と比較しても各社総額が高いです。
その点、グローバルWiFiだと5%割引が地味に利いてきますね。

今回の旅行はぼくと奥さん、奥さんのご両親の4名での行動となるので「LTE大容量」のプランでグループ全員の通信を賄うには十分と予想しています。

ハワイの家族旅行でのネット通信はグローバルWiFi一択

グローバルWiFiの他にもイモトのWiFiなど似たようなサービスは数社ありますが基本的に1日あたりのレンタル料金はほぼ変わらないです。

成田空港第1ターミナル、中部国際空港(セントレア)、新千歳空港、福岡空港、那覇空港、成田空港第2ターミナル、関西国際空港第1ターミナル、伊丹(大阪国際)空港、博多港、成田空港(韓国、中国、香港、タイへ渡航の場合)、関西国際空港第2ターミナル、静岡空港、宮崎空港、羽田空港、旭川空港、小松空港、鹿児島空港(返却BOX)

そんな中でグローバルWiFiのメリットとして、上記の空港に貸出ブースと返却ボックスがあるところです。
イモトのWiFiだと成田、羽田、関空、セントレア、福岡、新千歳といった主要空港しか貸出ブースと返却ボックスがないので、ユーザーの利便性も高いですね。
無題
いよいよ1年ぶりのハワイへ、出発へのカウントダウンが始まりました。
向こうでアウトドアグッズとも出会えるかもしれませんので今から楽しみです。
パソコンもハワイのお供に持っていきますので、現地レポートもしていきたいと思います!

無題

前回の続きです。

関連記事:【mineo(マイネオ)】機種変更(isai LGL22⇒isai Beat LGV34)しました(前編)

せっかくヤフオクで購入したLGV34。
到着した新端末にSIMを挿してもアンテナが立たなかった理由、それはLGL22のSIMが「VOLTE対応」のLGV34と異なっていたからなのでした。

そこでmineoでVOLTEのSIMを再発行『2,406円(事務手数料2,000円+SIM発行手数料406円)』を申し込み、新しいSIMが届いてめでたしめでたし…とはなりませんでした。


同じ番号でもSIMが変わるので『回線切替』が必要

無題
新しいSIMをそのまま挿しても使えません。

どうやらmineoのマイページから回線切替作業が必要なようです。
僕の場合は赤枠の「端末を変更する場合」に該当します。
無題
自分の携帯電話番号と届いた新しいSIM製造番号(ICCID)の下4桁を入力して〔回線切替〕ボタンをクリック。
無題
あとは「回線切替受付メール」の受信を自分のgmailで確認したので30分後には使えるはず。

使えるはず。(1時間後)

使えるはず。(2時間後)

使えないじゃんよ!なにこれ!?壊れてんのか!?嘘でしょ!
そうなんです。いつまで経ってもアンテナマークの横でグルグルと電波を掴もうとLGV34は必死で稼働しているのに一向にアンテナが立たないのです。

「まじか…」

途方に暮れる僕でしたが勇気を振り絞って検索、検索。するとmineoのサポートダイヤルを発見。
藁にも縋る気持ちで電話しました。

無題
僕「あの、すみません、SIM再発行して差し替えたのに電波立たないんです」
オペレーターの男性「かしこまりました、一度電源を立ち上げ直してください」
僕「はい…」
僕「…」
僕「た、立ちました!アンテナマークと4Gの文字が出ました!」
オペ男「あ、それではこのままお使いくださいませー」

なんという事でしょう。
私、見逃していました。

STEP4

メール受信後、30分程度で回線切り替えが完了いたしますので、端末の電源を入れて、テストコール〔111(※通話料無料)〕をダイヤルしてください。

電源再起動していなかったという...お恥ずかしい、お手数お掛けしました。

その後無事におサイフケータイやらLINEやらgoogle関連サービスやらの移行も無事に現在に至った次第です。

いやー、仮にも僕、事務方とはいえ携帯電話業界に身を置く立場なのですが、このような些細な見落としというか気づきが足らなかったことに愕然としています。

はい、こないだのモビリオスパイクのキーレス故障事件の時に通じるものがあります。

関連記事:【モビリオスパイク】キーレスが反応しなかった理由

とにもかくにも、新しいスマホとなり、電池の持ち時間も著しく改善されました。
これで今後も精進してこちらのライブドアブログも日々更新して参りますので、みなさまどうぞよろしくお願いいたします。(笑)

紹介キャンペーン実施中!Amazonギフト券1,000円分をプレゼント

IMG_20180522_152920
およそ4年間使用した僕のスマホ、isai LGL22ですが、ここ半年ほど電池の使用時間が短くなってきていました。

購入当初2014年初頭はauのキャリア回線を使用していましたが、ここ数年現れ始めたMVNO(格安SIM)に興味が湧いてきて「ホントにこんな安くなるの!?」と半信半疑ながらキャリアの保証等を鑑みてauでしばらく使用していました。

そして2016年、電源不良になったためauの故障紛失サポートのサービスを利用し、同一機種を手に入れ端末が新しくなったタイミングで「えーい、ままよ!!」との思いに駆られ『mineo』にMNPしたのでした。

mineo公式HPはこちら⇒mineo(マイネオ)|au・ドコモどちらでも使えるおトクな格安スマホ(SIM)

数ある格安SIM会社の中からmineoにした決め手は
既存の端末をSIMロック解除する必要なくそのままmineoのSIMを差し替えれば使える!
というところが大きなポイントでした。

無題

僕の場合はauプラン(Aプラン)でデュアルタイプ(データ通信+音声通話)でデータ容量3GBのものを選択。
当時auで5GBのデータ容量だったのですが正直そこまで使いきれていなかったのと自宅でWi-Fiも使用していましたし、1か月間でギリギリいけるかなー、くらいの気持ちだったと記憶しています。

しかし、基本料金だけで月額1,510円(税抜)というのは大きな魅力でした。
それまでauで通話料込みで7,000円程度毎月支払っていた記憶があります。

そしてmineoにMNPした感想としては「大満足!」のひとことです。

「キャリアの端末保証がなくなる」
「あくまで大手キャリアの回線を間借りしているからお昼休みの時間帯は通信速度が遅い」
「なんだかめんどくさそう」
「なんだか大手じゃないから不安」


といった雑音が聞こえてきたのは確かですが、実際mineo回線を2年使用してますが、不便なことは一切感じてませんね

僕自身お昼休みは好きな時間に行けるので通信速度についても回線が混みあうと言われている12時から13時に使用しませんし、そもそも他の時間帯でもストレスを感じたことはありません。
無題

自宅でのWi-Fi使用も功を奏してかこの記事を書いている5/22時点で今月の使用データ量は1.7GBほど。
のこり4.5GBほどあります。
mineoは余ったパケット使用量を翌月に繰り越してもらえるのが大きい...たぶん残りもたっぷり来月分に回されることでしょうね。
ドコモ端末もau端末もそのまま使える!【mineo(マイネオ)】

ということでmineoのことばかり書いてしまいましたが、今まで使用していたisai LGL22の電池劣化により次の機種をこの1か月くらい探してました。
実際isai LGL22にも全く不満は無く、強いて言えば最近動きがもっさりしてきたかなー、くらいのものでしたし、それであれば同じisaiの新しいモデルにしてみようという気持ちに。
無題

『価格.COM』での評価も概ね好意的なものが多かったので、買いましたよヤフオクで。
送料込みで32,000円でした。

で、新端末LGV34も届いたので「わーいSIM差し替えて設定しよーっと」と差し替えたらアンテナマークが表示されない。
『なぜ??まさか、端末がmineoに対応してない??もう端末買っちゃったよ、どうしよう??』
と慌てながら奥さんにも手伝ってもらいながらよくよく調べてみると「SIMカード種別」がそれまで使用していたLGL22が【nano】なのに対しLGV34は【au VOLTE(nano)】であることが判明。

「なんだ、それならmineoでVOLTEのSIMを再発行してもらえればいいのね!」
と安心したものの次に頭をよぎったのがその手数料。
調べてみると『2,406円(事務手数料2,000円+SIM発行手数料406円)』也。

「ムムム…」となったものの、もう後には引けません。
mineoサイトからSIM再発行を申し込み、本日に至った訳でした。

そしていざSIMを差し替えて新しい端末で使うぞ!と意気込んだ僕でしたが、まだ障害があったのです。。。

(つづく)

↑このページのトップヘ