キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね

カテゴリ: 日記

祇園祭と言えば京都、しかし千葉県成田市にも祇園祭があります

20180708_112322
7/7(土)に奥さんの実家に泊まり、翌日に成田祇園祭に行ってまいりました。

「祇園祭」といったら京都、というイメージがあったのですが、ここ千葉県成田市でも毎年この七夕の時期三日間にわたってこのお祭りが開催されています。
20180708_112700
ぼくはこのお祭りに来たのは2回目だったのですが、ものすごい人、そして活気でした。

この日は若干の曇り空でいくぶん日差しは和らいでいたものの、やはりこの時期「蒸し暑い」!
20180708_113043
きゅうりの一本漬けを食べながら身体を冷まそうと試みましたが、写真の看板にあるSUPER "DRY"も飲んだせいで、けっきょく発汗が止まりません(笑)

世界初のワンタッチテント


成田祇園祭のいちばんの盛り上がりどころ、「総引き」

20180708_132827
この日は3日目、つまりこの成田祇園祭の最終日であり、10台ほどの山車や神輿が坂下から一気に駆け上る「総引き」というものがあり、その山車を各チームの方々が引き上げていく様はなかなか圧巻の見ごたえ。

奥さんは小さい頃はこのお祭りに参加して着物を着てお囃子をしていたことがあるそうで、
「やっぱり久しぶりにこうやって見ると参加したくなってきちゃうよー」
と言っていました。

ぼくの地元ではこんな大きなお祭りはないので、そういった経験がありません。

小さいころからこういった風に色んな地域の大人や子どもたちといっしょにお祭りを通して触れ合う機会があるというのは貴重なものだなあ、とぼんやり考えていたぼくなのでした。

成田といえば「鰻」ということで生まれて初めて鰻屋さんで食事した

千葉県成田市って鰻で有名なんですね。
といってもぼくがそのことを知ったのは奥さんと知り合ってからなんですが。
成田のゆるキャラ「うなりくん」もいます。

unari_pattern_05l
こうしてよく「うなりくん」を見ると
  • うなぎのフォルム
  • 「成田」の名札
  • 成田空港にちなんだとおぼしき飛行機の翼
を有しているのですねー。
足は飛行機の車輪ではなくふつうのゆるキャラらしいものです。


20180708_112755
お祭りの合間に整理券を取って予約をしておいた鰻屋「川豊」にやってまいりました。
約1時間ほどの待ち時間でした。

20180708_112804
店先では職人さんたちが手分けをして鰻をさばき、串に刺していく様子が実際に見られました。
よくよく観察すると、やはり若い人よりある程度の年齢の人の方が手慣れた様子であることもわかります。
こういった作業はやはり年季がものをいうのでしょう。
とくにぼくが興味深く見ていたのがこちら。
20180708_121927
「グサ!」と鰻の首あたりに楔を刺しています。
この職人さんのすぐ脇にある大きな桶の中で今の今までうねうねとしていた鰻です。
20180708_121930
手慣れた様子で真っ二つにおろして骨も取り除かれていきます。
そんな状態にもかかわらずまだいくらか動いている鰻。
こうして順番待ちをしていたぼくたちの胃袋にもうじき入ってしまうのでしょう。

ぼくがあまりにも「じーっ」と見ていたからか奥さんが
「知らない人はこういうのやっぱ珍しいんだね、あたし子供のころから学校の帰りとかにさんざん見てたからなんとも思わないよ」
とのこと。

20180708_124110
そして席に案内され待つこと約10分。
登場した「上うな重」3,600円也。
『やっぱ鰻って高いよな…でもお義父さんが出してくれたからラッキー!』

っていうかぼくもこの瞬間に気づいたんですけど、いまのいままで生まれて40年以上経ちますがぼくの記憶に「鰻屋さんでうな重を食べた」というのは記憶にありません。

親にも連れてきてもらったことないです。

鰻そのものはもちろん食べたことありますけど、たぶんそれも家庭の夕食で母親がスーパーマーケットで買ってきて焼いてくれたうな丼、だったり大人になってからたまの贅沢とおもって食べた「すき家のうな丼」くらいで、ちゃんとしたこういう老舗っぽいムード漂うお店では食事したことってないよなー、と思いました。

そのことを奥さんとお義父さんお義母さんに話したら「えー」と若干驚かれましたけど、この成田周辺で育った、住んでる人は普通に来てるんですかね?

それともウチがただ単に貧乏だっただけかもしれません(笑)

食事を終えた我々はそのまま
お義父さんお義母さんに食事のお礼をしてからお別れ、御輿還御式」は見ることなく帰宅したのでした。

7月8日(日曜日)16時30分~ 大本堂前

御輿還御式

最終日8日(日曜日)、16時30分から御輿還御式が行われます。

3日間の渡御を終えた御輿を、山車・屋台が揃ってお出迎えします。

 

山車・屋台 競演(総踊り)

最終日8日(日曜日)、成田祇園祭の締めくくりとも言える山車・屋台 競演(総踊り)が行われます。

御輿還御式後、総踊りが開催されます。皆様の声援に応えて、若者がハツラツと踊りを披露します。

 

  

手古舞について

シャン、シャン、シャン。

祭り囃子の音色と共に錫杖を叩く音が聞こえてきます。手古舞(てこまい)の登場です。

昔は芸者衆や婚礼前の女性がつとめていましたが、昨今は小学校の子供達がつとめています。

着物に伊勢袴、足袋と草履を履き、背中には花笠をつけます。手に持った錫杖を鳴らしながら山車や屋台を先導します。

手古舞の衣装は、若者連の祭り半てんや扇子と同様、各町内によって色やデザインが様々です。

見比べてみるのも面白いですね。

迫力のある山車・屋台の引き回しに華をそえる手古舞の行列、愛らしい子供達の姿は私達の目を楽しませてくれます。

 

引用元:成田市観光協会公式サイト

なかなかスタイリッシュな改造が施された友人のHONDA PCX125

 1_l

JF28 / KF12 (初代)[編集]

PCX
※PCX150
Honda PCX125 2011 Front.JPG
基本情報
メーカー日本の旗本田技研工業
車体型式EBJ-JF28/※JBK-KF12
エンジンJF28E型 124cm3 
水冷4ストロークSOHC単気筒
※KF12E型 152cc
水冷4ストロークSOHC単気筒
内径x行程 / 圧縮比52.4mm x 57.9mm / 11.0:1
※58.0mm x 57.9mm / 10.6:1
最高出力8.5kW 12ps/8,500rpm
※9.9kW 13ps/8,500rpm
最大トルク12Nm 1.2kgf/6,500rpm
※14Nm 1.4kgf/5,500rpm
車両重量128kg ※129kg
テンプレートを表示

タイホンダ・マニュファクチュアリングカンパニー・リミテッドThai Honda Manufacturing Co., Ltd.)が製造し、本田技研工業が輸入事業者となる。型式名は125ccモデルがEBJ-JF28、150ccモデルがJBK-KF12。

「クラスを超えた質感の高さと先進スタイリング」「高い動力性能と環境性能の両立」「スクーターに求められる快適さと使い勝手の良さ」をキーワードにした車体は、流線型カウルやウインカー一体型のデュアルハロゲンヘッドライトを採用。2010年のグッドデザイン賞を受賞した。

前後ホイールは走行安定性と乗り心地確保の点から14インチとし、ブレーキは前輪が3ポットキャリパーのディスクブレーキ、後輪がドラムブレーキであるが、後ブレーキレバーの動作で連動するコンビブレーキを採用する。

装備面では、ハンドルがスポーツ車と同様のパイプハンドルを採用。キーシリンダーはセキュリティ対策からシャッター付きとしたほか、燃料タンクとシートはスイッチによる操作とし、シート下には容量25Lのメットインスペースを装備する。

エンジンは、排気量124cc水冷SOHC4ストローク単気筒エンジンを搭載。停車時に自動的にエンジンを止めるアイドリングストップ機能のほか、125ccクラススクーターとしては初となるスターターモーター交流発電機が一体化されたACGスターターを採用し、空燃比フィードバック制御・モノリス型三元触媒ブローバイガス還元装置を装備する。2011年にオフセットシリンダー・ローラーロッカーアームならびにシャフトへシェル型ニードルベアリングを使用・発電制御の知能化など多岐にわたる徹底的な低フリクション化を実施し、さらに省燃費性能を向上させたグローバルエンジン「eSP[注 1]」に進化させることが発表され、日本仕様では2012年のマイナーチェンジならびに追加されたPCX150から搭載された[注 2]

遍歴

2010年3月16日発表、同月30日発売[1]

引用元:Wikipedia

ぼくの10年来の友人が乗っているバイクは現在も人気のあるホンダPCX125。
彼は初期型PCXが発売されるや否や、日本仕様とも異なる製造国であるタイ仕様のPCXを新車で購入。
以来、現在も彼の日常の足となって職場の往復と、独身の彼の貴重な食糧調達場所、「サミット(スーパーマーケット)」へのお買い物や、ごくたまにぼくのカブと行くツーリングに活躍しています。

彼はおおざっぱな性格のぼくと違って、バイクの乗り味やフィーリングに非常にこだわる性格なので、ちょくちょくプーリー、ウェイトローラーやベルトのセッティングをしていたことは聞いていたのです。

そんな彼が通算4本目のマフラーをヤフオクで購入し、先日取り付けをしたとのお知らせを受けたので、今回は彼のホンダPCX125をご紹介したいと思います。

エイジング塗装の施された、ぱっと見は汚れたバイク(笑)

20180704_205057
で、これがそのPCX125。
ぱっと見の外観だけでもノーマルとの違いがお分かりいただけると思います。
20180704_205121
バイク前面のウィンドシールドがクリアのものに、シート形状も変更されています。
あとお気づきでしょうか?バイクのところどころが「錆びている」状態になってます。
じつはこれ、「エイジング塗装」というものが施されていて、彼の勤務する会社が塗装関係なので空き時間に作業してこのように加工されたのだとか。
20180704_205144

詳細は彼の会社のフェイスブックでも紹介されています。


彼の通算4本目のマフラー「無限」

20180704_205108
ついこの間まで付けていた「SP忠男」 のオリジナルマフラーから、通算4本目のマフラーは「無限」。
そもそも無限は本家ホンダのお膝元、埼玉県朝霞市に拠点を構えるホンダの市販車用の各種パーツを製造・販売するメーカー。
本田宗一郎の長男である本田博俊がのち本田技研工業社長となる川本信彦らと創設した会社として知られています。

今までのPCXのフィーリングに納得のいっていなかった友人が行きついたのがこのマフラーだったというわけですね。

彼いわく「いままでのマフラーと比較するといちばん良いかも」との感想。

ぼくも友人もなかなかのいい年齢なのでマフラーのサウンドもあまり大きいとちょっと周囲の目が気になったりします。

想像してくださいよ?ブルンブルンと大きな音をあげてやってきたスクーターから降りて、ヘルメットを脱いだらけっこうなおじさんだった。。。って絵はたぶんなかなか痛いものがありますものね。
まあ友人は実年齢より若いルックスなので、さほど違和感は無いと思いますが、今後長く乗っていくならそれ相応の落ち着いた雰囲気で乗りこなしたいという気持ちはぼくもよく理解できます。

で、そのマフラーのサウンドはこんな感じです。



まあ純正マフラーと比較しても適度にエキゾースト音があってなかなか似合っていると思いました。

ぼくも自分のスーパーカブ90をそろそろいじりたいなー、なんて思ってます。

まあぼくの場合は改造ではなくて、化石のようにボロボロになったカブのメンテナンス作業が先ですね。
スプロケットとチェーン交換しなくちゃなあ…。


オンライン英会話hanaso(はなそ)が70%OFFキャンペーン中!
待ってました!という感じです。

じつはワタクシ、ここ一か月くらいいくつかオンライン英会話の無料体験を受けてまして、ひそかにハワイ旅行に向けて現地でできるだけスムーズに家族をアテンドするべく着々と準備をしていました。

そう、いっさいお金をかけず『無料体験』で(笑)

関連記事:【節約】6/15~22ハワイ旅行での8日間『グローバルWiFi』を割引ページで借りた

オンライン英会話3社の無料体験を受けて気づいた良い点・悪い点

まずひとつめはDMM英会話。
こちらで25分の無料体験を2回受けました。

【ポイント】
月額:毎日25分5980円(90ヵ国以上の講師)
【メリット】
・365日24時間レッスン可能
・オリジナル教材豊富(キッズもOK)
・日本語対応講師も在籍で初心者OK
・ネイティブ在籍(プラスネイティブプランのみ可能)
【デメリット】
・人気講師は予約が取りづらい
・講師の質に差がある



その次に「お試し」したのがレアジョブ。
こちらも25分の無料体験を2回受けました。

【ポイント】
月額:毎日25分月額5800円(税抜)
【メリット】
・質の高い講師陣が揃っている
・豊富なオリジナル教材
・日本語対応講師が在籍
【デメリット】
・ネイティブ講師がいない(フィリピン人講師がメイン)
・講師陣が多すぎて誰を選ぶか迷う
・レッスン時間は6時~25時まで


最後に受けたのがhanaso(はなそ)。
こちらも25分の無料体験を2回受けました。

【ポイント】
月額:毎日25分月額5800円(税抜)
【メリット】
・質の高い講師陣が揃っている
・オリジナル学習システム「hanasoメソッド」を採用
・関正生先生監修のhanasoオリジナル無料教材
【デメリット】
・ネイティブ講師がいない(フィリピン人講師がメイン)
・講師陣が少ない
・レッスン時間は6時~25時まで

ちなみに「hanasoメソッド」の紹介動画が以下。


で、関正生先生というのがこちらの真ん中右側のかた。
NHKラジオ『入門ビジネス英語』での連載、英和新聞『Asahi Weekly』の連載など、
英語系記事の執筆者としても活動中だそうで。

といった具合で合計6回分のオンライン英会話を予約、したのですが、そのうちレアジョブの1回はうっかり受講時間を忘れていてキャンセルとなってしまいました。
自己都合でのキャンセルなので、振り替えはありません。
そのままパー、ということですね。仕方ありません。

3社の無料体験を受けてhanasoに決めたワケ
ずばり言います。


「70%OFFだったから!」です。

身もフタもない話で申し訳ないですが、
月額5800円⇒1740円
ですよ!?

4000円も安くなるのに受けない理由がありません。

ましてやこちらはハワイへの旅行を控えている身です。

waikikipaperstand

ハワイは日本人が多いだけあって街中でショッピングしていても日本語OKの場所もあるので英語ができなくても比較的過ごしやすい観光地です。

しかし、現地でホノルル空港での税関通過から始まり、レンタカーを借り、宿泊先にチェックインをし、レストランでの食事や買い物などで英語が必要になる場面は多いです。

これらの局面で英語は避けて通れず、むしろ少しでも英語が理解できていたほうが旅行はスムーズに、楽しく過ごせるでしょう。
無題

その意味でも今回のhanasoの70%OFFキャンペーンは「渡りに船」、「棚からぼた餅」といったところ。

ただ、こちらのキャンペーンは
無題
期日が6/20(水)までとなっております!

なんとなくいままで英会話には興味があったけど気が進まなくてやらなかった方、
ぼくのように海外旅行に行く予定があって現地でのやりとりも楽しみたい方、
「英語話せたらなんかカッコいいじゃん!」とひそかに思っている方など、
いまこのレッスン申し込まなくていつ受けるの??って感じの破格のキャンペーンです!


変な話、この手のキャンペーンは「半額」とかは各社ちょいちょいやってるんです。
ただ、しつこいですが70%OFFキャンペーンってのは、hanasoやるなー、って感じですよホントに。

だって、レッスン1回あたり60円とかですよ?

ぼくはまんまと乗っかりました。

ハワイ旅行を今週末に控えてのこのタイミング、遅きに失した感も否めませんが、現地にPC持ってくつもりなので向こうでも毎日レッスン受けてとことんこのキャンペーンを味わい尽くすつもりですよ。

では、みなさんも6/20までと期間限定のこのキャンペーン、絶対見逃さない方がいいですよ!
ほんと、心からお勧めします。

20180605_165142

関連記事:【ルンバ870】Roomba(ルンバ)のブラシ、フィルター、ローラー、消耗品を交換した!

うちのルンバが15分間しか働かなくなった 
わが家にルンバ870がやってきたのはおととし2016年のことでした。

それからはものぐさ夫婦の我々のお掃除を担う、最高のパートナーだったのですが、ここのところ様子がおかしかったのです。

ルンバがお掃除を終えると、自分でDOCK(ドック)と呼ばれる充電台に帰る仕様なのですが、最近とんとDOCKにおさまらず途中で息絶えているのです。

よけいなモノは極力地面に置かないで出かけて、帰宅するとやはりおかしなところで絶命しているルンバの姿が。

「なにかがおかしい。。。」

のんきで鈍感なぼくですが、ただならぬ気配をルンバから読み取り、いつもは自宅不在中に稼働させているルンバを観察してみることにしました。

「CLEAN」ボタンを押下、いけ!ルンバよ!



(約15分後)
『ペーポパーポー ルンバを充電してください』

情けないサウンドとともに聞こえてきた充電切れのメッセージ。

「おいおい、15分で電池切れてりゃDOCKに帰れないわけだ、なあルンバよ・・・」

もはや返事のないルンバに哀しみに暮れながら語りかけたのでした。

新しいルンバの電池、非純正の互換品を購入した!
無題
ってことで注文したのがこちらの商品、純正品は1万円以上するので早々に却下してこちらにしました。


Roomba ルンバ 500 600 700 800 シリーズ 互換 バッテリー 14.4V 3500mAh

Amazonより100円安かったのと、Tポイントが余ってたのと、500円割引クーポンがあったので「Yahooショッピング」にて購入しました。

「ホント、おれって買い物上手だなあ」

ひとりご満悦になりながらポチっとしたのでした。

新しい電池が届いた!交換した!
20180605_165253

そして配達され、到着したのがこちら。

「新品」と書かれてます。あたりまえか。
20180605_165158

電池交換に取り掛かりますゆえ、ルンバを裏返してやりました。

「あられもない姿になったルンバよ。いま直してやるからな。」

ひとりで機械に語り掛けるあぶない初老の男。。。
20180605_165206
外すのは銀色のネジ2本。これだけです。

そして、ご開帳。
20180605_165405
「iRobot」のロゴがカッコいい。

しかし寿命が来ている以上、しかたがないので両端の黄色いテープを引っ張り上げて取り外します。

20180605_165425
真ん中の黄色いのが新しいほうの互換バッテリーです。
20180605_165441

旧バッテリーと同じ向きに、普通に入れただけです。

で、ネジを締めて完了。

交換後の稼働時間は?電池の寿命を長持ちさせる秘訣は?

バッテリー交換してすぐにルンバを走らせてみましたが、初期充電分だけで約15畳のリビングと洗面所を小一時間ばかりで掃除を済ませ、自分で充電DOCKに戻っていきました。

とりあえずは問題なさそうです。

思えばウチのルンバ、いままで月曜と金曜の週2回の稼働だったのですが、甘やかしすぎましたかね?

「過充電」みたいな感じで寿命を早めたのかしら?と思ったりもして。

てことで今回のバッテリーでは月曜から金曜まで、平日勤務の会社員の様に働いてもらうこととします!

3か月保証あるみたいなんで、それまではちゃんとお掃除してもらいますよ!

「ルンバは高くて買えない」
「ちゃんと性能とか機能性を確認したい」

なんて方は電化製品の宅配レンタル『ReReレンタル』なんていうサービスがありますので、興味のある方はお試しどうぞ!!


送料無料・全国対応の総合レンタルサービス【ReReレンタル】

i-img1200x900-1526622689qzbkei11296
先日、バイクワンに買取して頂いた際に取り外したこちらのSHAD SH40 40Lトップケース、
i-img1200x900-1526623414nupdyc3043
トップケースを積載するためのリアキャリア、

i-img1200x900-1526624061a3tqtv11859

バイクのサイドミラー部分に取り付ける風防、
以上3点がすべてヤフオクで落札していただくことができました!

関連記事:【リード125】埼玉県、バイクワンの無料出張査定で買取お願いしました!



リード125車体ほかの合計買取金額は?

【バイクワン】
リード125車体買取金額
160,000円

【ヤフオク】
  • 【キジマ(Kijima)】 リアキャリア⇒最終落札価格2,500円⇒落札手数料引き後2,301円
  • 【SHAD】SH40◇トップケース⇒最終落札価格13,500円⇒落札手数料引き後12,426円
  • 【旭風防】ウインドシールド⇒最終落札価格3,000円⇒落札手数料引き後円2,761円
合計金額177,488円


いやー、なんとかここまでの金額でフィニッシュしました。
ヤフオクの落札手数料8.64%を差し引いて最終的に18万には届きませんでしたが、雨の中必死で取り外したおかげで17,488円の上積みを勝ち取った満足感でいっぱいですよ。

あのときの行動は間違いではありませんでした。

今後は落札する側でなく、出品する側としての活動も注力してみたいと思います。

なんかほかに家の中の不用品なかったっけなー。。。

↑このページのトップヘ