キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね

カテゴリ: 日記

スパイクに地デジチューナーを設置してテレビを見たい!

久しぶりの投稿となりました^^

こちらのブログでご紹介させて頂いているホンダのモビリオスパイク、
ぼくの家にやってきて早3年なのですが、ディーラーオプションのナビで
2008年当時のアナログチューナー搭載のテレビが付いておりました。

ここ数年ぼくは、あまりテレビを見なくなっておりまして、
自宅にひとりで一日過ごしていてもまったくテレビを見ません。

なので、正直クルマの中でもラジオが聞ければ十分ドライブを楽しめるんですが
ウチの奥さんはテレビ大好きなんですね。

夜寝るときもテレビはつけっぱなしで、「スリープタイマー」で就寝するのが
日課です。でも、こういう人は案外多いとは思いますけど。

ぼくが思うに、うちの奥さんは「テレビが好き」というよりも
「テレビがついてないと何だか落ち着かない」
と言った方が正しい気もします。

そんな奥さんのために、久しぶりにスパイクを弄ってみることにしました^^

地デジチューナーをメルカリで買う!

ってことで、もともと付いてるTVとナビはそのままに、
地デジチューナーを別途設置することで車中でテレビを見よう!
と試みることにしました。
i-img900x1200-1553745935gxfs4p57619

で、今回導入したのはメルカリで購入した地デジチューナー、
パナソニックの「TU-DTV60」でございます!

Panasonic (パナソニック) [Strada ストラーダ] 高画質&高感度 地デジチューナー [フルセグ2×2チューナータイプ] ビエラ技術のPEAKSプロセッサー搭載 TU-DTV60

Amazonのレビューを見ると賛否両論大きく分かれていますが
商品そのもののスペック的には悪くないと判断しました。

特に今回メルカリで購入した商品は「本体」「ケーブル類」「アンテナ」
「リモコン」など、欠品もなかったので良い買い物だったと思います。
i-img1200x900-1553745931lyqaa348879

「miniB-CASカード」も付いてました。
設置さえ出来れば、すぐに見られると思ったのもポイントです。

ってことで、購入して約半年、ようやく設置してみる気になりました(笑)

内装剥がすのに手間取る」

もともと付いてるTVとナビはそのままに、
仲良しの友人と待ち合わせてカーショップの駐車場で
いそいそと作業を行いました!
line_1555409893425
念のために予め購入しておいた「フィルムアンテナ」です。



ワンセグ フルセグ 補修用 L型 地デジフィルムアンテナ 両面テープ 4枚セット パナソニック 地デジチューナー TU-DTV60

結論から申し上げますと、今回こちらは使用しませんでした(笑)
親切なメルカリ出品者様が同梱してくれたアンテナをそのまま
使用することができました。

そして、いざバラシ。
友人から借りた「内張り剥がし」工具でなんとかかんとかこの状態に。
20190417_144447_HDR
まず「エアコン」などの操作パネルから剥がしてこうなりました。
シフトノブを下げないとパネルは外せませんので、ご注意!
20190417_144458
続いてナビ(モニター)のビスを外します。
ラチェットなどの長いレンチで回すと簡単です。
ぼくはアホなので一生懸命プライヤーでプラスドライバーを
挟んで外しました…
20190417_145656_HDR
「どーん!」と取り外しました。
ここからが本番です。

「地デジチューナー」の電源をこの裏側配線から
取らないといけません。
配線は上記「ブルーのコネクタ(メス側)」の「5線配線」です。
これは他の方のブログを参考にしました。
「モビリオスパイク 地デジ」で出てくるはずです。

つまり「黒色のアース線」と「右から2本目」を短絡させることによって
『運転中でもテレビが見られる状態』
にさせることができます。
20190417_161538
いったん小休止、ベロベロに内張を剥がされたスパイクの図。
20190418_135755
こちら、「右から2本目と5本目(アース線)を短絡させた図」の画像。
このままだと『サイドブレーキが掛かっているから駄目だよー!』と
スパイクの車内で「ピーピー」と警告音が鳴り続けます。

当然ですが、運転中のテレビ操作は危険なので、あくまでも
助手席の方に行って頂きます。

しかし、アホなぼくはこの
「右から2本目と5本目(アース線)を短絡させた」
ままで走行したところ、「ピーピー音」が鳴りっぱなしで
翌日まで過ごしました(笑)
20190418_141203
で、右から二本目をちょんぎりました!
他の方の作業ブログなどを参考にしたのですが、
切る瞬間は
「あぶない刑事の時限爆弾のコードを切るシーン」
が頭をよぎりました。
(テレテレッテ、テレテレ、テレテレッテ、テレテレ♪)

なんだかんだちゃんと地デジが映った

20190418_163805
ってことで、結線完了して「ビデオ入力」に切り替えて
ちゃんとテレビが映りました!
「おお!!」
普段あまりテレビを見ないぼくですが、スパイクで地デジが映った
瞬間は、なんていうか「達成感」みたいなものが沸き上がりました(笑)
『こんな俺でもクルマを弄ってる!!』みたいな。

20190418_163834
ほんとは、こういう配線も裏側に隠して見えないように
スマートにする方が自己満足感も高いんですけどね。
20190418_163825
チューナーも丸出しです。
まあ、大雑把な性格なのでここまで出来ただけもでもヨシ!みたいな(笑)

ということで久しぶりのブログ投稿でしたが、
同じモビリオスパイクに乗っている方の参考になったら嬉しいです。

あ、この日に実は「ドライブレコーダー」も取り付けたんですけど、
配線は地デジチューナーと一緒にうまく取りまわして付けました。

これで安心、安全、快適な車中空間が出来上がりました。

では、また!

オウルテック OWL-DR04-BK ブラック ドライブレコーダー
マカド! Amazonせどり管理ツール

カブのリアタイヤがパンクしてしまった

L_0101sucub90d200509

長年乗っているぼくのおんぼろカブ90ですが、普通の自転車といっしょで徐々に空気圧が下がってくるので、定期的に空気を入れていたんですね。

とはいっても、いまのタイヤ&チューブはかれこれ5年くらい使ってるのですが、タイヤ自体はまだまだ6部山ほどあるものの、空気入れ口(なんていうんだろ)のナット部分がけっこうサビサビになってきていました。

しかし、まあズボラなぼくはそのことに気づいていながらも例によってごまかしごまかし、まあ大丈夫でしょ、と乗り続けてきたのですが、ついにと言うか空気圧が著しく下がった状態でブーンと乗っておりましたところリアから「ゴト、ゴト、ゴト」と振動を感じるではありませんか。

「あ、やべー」と思い、急遽車体を押しつつ近所のガソリンスタンドで空気をパンパンに入れてみたところ、とりあえず大丈夫そうだったのでそのまま帰宅。

しかし翌日、恐る恐るリアタイヤに触れてみると「ぶにゃ」という手ごたえ。

はい、パンク確定

ぼくのカブのデータ
Webikeより引用)

シリーズ累計生産台数2840万台を記録する、日本が世界に誇るベストセラーモデル”スーパーカブ”シリーズの国内トップモデル。低床バックボーンフレームによる乗降性の高さや、耐久性・静粛性・経済性に優れるエンジン、走行風や泥ハネから足元を守るレッグシールド、パンク防止に効果を発揮するタフアップチューブなど、シリーズ一連の優れた使い勝手に、7PSを発生する85ccエンジンを組み合わせることで、長距離走行や大きな荷物も苦にならない余裕の走りを実現している。今回のマイナーチェンジではリサイクルマークを貼り付け。それ以外の仕様、装備、スペックに変更はない。

ホンダ スーパーカブ90 (2005年) デラックスの基本スペック

メーカーホンダエンジンタイプ空冷4サイクルOHC単気筒
モデル名スーパーカブ90エンジン始動方式キック
タイプ・グレードデラックス最高出力7.0ps(5.1kw)/7000rpm
動力方式-最大トルク0.79kg・m(7.7N・m)/5500rpm
型式HA02車体重量(乾燥重量)82kg
排気量85cc車体重量(装備重量)86kg
発売開始年2005年パワーウエイトレシオ11.7kg/PS
燃料消費率60.0 km/L ( 60 km/h走行時)全長・全高・全幅1805mm × 1015mm × 660mm
燃料タンク容量4.0リットルシート高735mm
航続可能距離240.0km(概算値)フロントタイヤサイズ2.50-17 38L
燃料供給方式キャブレターリアタイヤサイズ2.50-17 43L

もう自分では直さない。プロに頼もう。

20181101_162944

ということで今回はちゃんとした町のバイク屋さんにパンク修理をお願いすることにしました。

思い起こせば前回のタイヤ交換、えらくタイヤが固くてかなり大変だった記憶があります。

あれからずいぶん時は流れましたが、あの作業をあらためて自分でするのはかなり「おっくう」でした。

今回お願いしたのは自宅から5分くらいのところにある「モトショップ深谷」さん。
参考:モトショップ深谷

ぼくが子どものころからあったバイク屋さんで、友人がここでバイク買ったり直してもらったりしてたんですが、自分がお世話になるのははじめて。

慣れた手つきでリアブレーキ部品を外していかれます。
20181101_163020
こちらのご主人、むかしは本田技研に勤めてらっしゃって、親父さんが引退されるタイミングでお店を継いで、35年前に自転車専門だったお店をバイクも扱うようになったのだとか。
20181101_163122
ここまで5分足らず。
20181101_163229
続いて本格的にタイヤを外されていってます。

「店内で待っててくださいよー」と言われてるのにお構いなしに撮影し、ぼくが話しかけるので、親父さんは少々やりづらそうでした(笑)
20181101_163235
シャフトが抜かれました。
20181101_163304
はい、後輪撤去完了。
ここまで10分。
20181101_163315
以前の記事でご紹介したブレーキシューです。

【スーパーカブ90】リアブレーキシュー交換しようとしたら失敗したンゴ


と言ってる間に親父さんはタイヤを外しに掛かってました。

「これ、かったいねー」と呟く親父さん。

ええ、そうでしょう。だからあなたに頼んでるんです。と心の中で語り掛けました。

普通のタイヤレバーだけだと難しいと判断したらしく、上の画像の機械でグイグイとタイヤ側面を押し込み、奮闘中です。
20181101_163404
こんなん一般家庭にあるわけないです。

そりゃあ以前ぼくがやったとき、この作業に半日近く掛かったわけだわ…
20181101_163507
画像だと分かりづらいですが、けっきょくタイヤの「ビード」部分は外れず。
20181101_163542
タイヤレバーを駆使して「ビード」をグイグイ外しに掛かる親父さん。

「普通はもっと柔らかいから簡単に外せるんだよ」
とこぼしていました。

繰り返し言いますが、それが分かってたからあなたにお願いしてるんですよ、と心で呟きました。
マジ自分で挑戦しなくて良かった。
20181101_163703
20181101_163732
おお、外れてきた。。。
20181101_163818
「ベローン」とようやくチューブが露出。
20181101_163840
バルブ付近で固定されてる部分以外はチューブがご開帳。
20181101_163922
取り出されたチューブ。

バルブの根元がサビてて劣化も著しいです。

「これ、チューブごと交換した方がいいよ」
とアドバイスする親父さんに被せ気味に
「あ、新しいチューブ持ってきました!!」
とこいつを渡しました。


5年前に買っておいたチューブであることを伝えましたが、「あーだいじょぶそうだね」とおっしゃる親父さん。

持ち込みですみません!!w
20181101_164055
新しいチューブ。もちろんサビもないです。
20181101_164212
ビード部分にオイル?のようなものを塗ってらっしゃいました。

タイヤを入れる際に滑りを良くして入りやすくするためなんですって。

確か前回は自分でやったときは洗剤を吹きかけてやったような気が。
20181101_164307
新しいチューブを入れるにあたって、なんか変な道具をバルブに差し込みホイールの穴から通そうということらしいです。
「それなんですか?」と尋ねたのですが『まあ、見てて』という親父さん。
そろそろ面倒くさいと思われてる様子w
20181101_164330
20181101_164346
流れるような手さばきでチューブのバルブを通す作業に入られました。

ここまで出来たらもう早かったです。
20181101_164503
タイヤ内にチューブを収めてビードを噛まして
20181101_164724
20181101_164725
20181101_164952
20181101_165203
お見事です。
20181101_165556
続いて後輪の取り付け。
20181101_165732
20181101_165800
後輪のシャフトを通してリアブレーキの調整もしてもらいました。

既にブレーキシューが減ってるそうです。が、まだ数年はいけるんじゃない?と親父さん。

了解しました!しばらく手は付けません!
20181101_170253
ブレーキ調整完了。
20181101_170652
ついでにチェーンも弛んできてたので少し調整してもらいました。

実はチェーンとスプロケも新しいのを何年も前から保管してるんですけど。。。

来年には自分で交換しまーす。

と、いうことで今回はプロにタイヤチューブ交換(持ち込み)、ブレーキとチェーン調整をしていただき、お会計は3,240円

いや、自分でやること考えたら、時間を買ったと思えば安いもんですよ。

こうしてブログのネタにもなるし、次回の自分のノートになったと思えば。

と、言いながらもこのカブ、マフラーにもトラブルを抱えているので、これに関しては自分でやります。

それでは、次回は「マフラー交換編」を近日公開するので少々お待ちください!


カブ マフラー スーパーカブ リトルカブ カブC50 カブC70 カブC90 スラッシュカットマフラー カブ カブ

ベルトの穴が切れてしまったG-SHOCK

10年近く前にAmazonで購入して使用してきたG-SHOCK。

[カシオ]CASIO 腕時計 G-SHOCK ジーショック ORIGIN タフソーラー 電波時計 MULTIBAND5 GW-M5600-1JF メンズ

私用でお出かけの際はいつもお世話になっておりました。

昔ながらの元祖G-SHOCK!なスタイルが気に入っていたのですが、さすがにヘタレて汚れてきていまして、ついにベルト穴部分が下記画像のような感じで劣化してついに切れてしまったのです。
20181031_093721
もうだいぶ使い倒したし、同じの買い直そうかなー、なんて考えてました。

でも、ソーラーで電池交換不要、電波時計で時刻がズレることもなく、海外でも地域ごとに時刻設定ができるなど、これほど多機能で便利で頑丈な時計をベルトが切れたくらいで手放すのは忍びない。

そこで
「G-SHOCK ベルト交換」とググってみましたところ、ありました!

参考サイト:G-SHOCK ベルトの外し方

これは、、、やるしかないですよねー^^

交換用のベルトをAmazonで購入!




時計バンド 交換ベルト 腕時計ベルト 16mm 防水 CASIO G-shock GW-M5610 DW-5600/5700/6900用 バンド (ブラック)

こちらの商品、「649円」ですよ。
もちろん純正ではありませんが、これでベルトの機能を果たせるんなら、またG-SHOCKが付けられるならTRYしてみる価値は十分あります。

20181031_093744
で、到着しました。

商品の素材的には元のと比較してちょっと固めの印象。
まあ、10年使ってますからね。新品当時から徐々に劣化して柔らかくなってしまっているのかもしれません。
20181031_093814
上記の参考ブログより、100均の精密ドライバーを使用します。
20181031_093827
ブログを参考にしたのですが、このバンド脇のネジが気になってとりあえず外してみようと思いました。
20181031_094051
はい、全然関係なかったです。
なんのためのネジなんだろう。。。ここのネジを取ってもベルトは外れません。

実際にベルトを外す作業はけっこう細かい作業で撮影できませんでしたので参考ブログをご参照ください!^^
20181031_095351
はい、外せました。ベルトの付け根にピンでバンドを留めてる構造です。
20181031_100240
G-SHOCK脇の2本のピンはバネ式です。こいつがベルトを留めてたんですね。
てか旧ベルトきたねー!
20181031_100838
取り外したときの逆の要領で取り付けます。
このときは精密ドライバーでネジピンを押し込みながら差し入れてあげます。

いや、もうホント便利な時代ですよね。
ブログで大まかな流れを確認して、YouTubeで細かな作業を見ることが出来る。
20181031_101537
はい、できました!
と思いきや、ベルトの上下を逆に付けていたことに気づきました。
おおざっぱでせっかちな性格がこういうところで出るんですね。。。
20181031_102220
はい、もう一回やり直してちゃんとできました。旧ベルトの留め金具がシルバーなのに対し、新ベルトの方はブラックです。
注文したときに特に色の指定はなかった気がします。
まあ、ぼくは機能に問題なければ、色なんてブラックだろうがシルバーだろうが気にならないので全然オッケーです。さすがに黄色とか赤だとイヤだけど。
20181031_102302
はい、付けてみたの図。
20181031_102318
ベルトもちょっと固いけどそのうち馴染んでくるでしょう。
つうかオレの腕、ムダ毛と肌荒れできったねえ(笑)

ということで、本日は古いG-SHOCK使っててベルトが切れたくらいで買い替えるのはもったいないよ、ってお話でしたー

ElleSye 電動お掃除ブラシ バスポリッシャー

どうも、おひさしぶりの投稿です。

今回はAmazonでも人気の電動浴室お掃除ブラシ(バスポリッシャーと言うそうです)を購入して、使ってみたのでそちらのご紹介をばさせていただきます。


ElleSye 電動お掃除ブラシ バスポリッシャー 窓ブラシ 風呂掃除 窓掃除 掃除グッズ 四つのブラシ付 掃除時間短縮 防水仕様 手持ち式 充電式 無線操作 浴槽/台所/お手洗い/天井などの掃除に適用 引越し掃除/年末掃除

商品名ながっ!!(笑)

こちらの商品なんですけど、ぼくの友人(PCX乗り)が最近買ったと仰ってて、けっこうスグレモノらしいと聞いたんです。

最近、自宅のお風呂もモノグサなわたしのせいで汚れ&カビが蓄積されていくのをただただ眺めるだけの状態で、とても人様にお見せできないシロモノになってまして。。。

ってことでわたしもAmazonでポチっとしましたー
20181025_173138

で、届きましたー

特に梱包箱面にメーカー名ElleSye(エリシーと読むらしい)の記載はありませんねー
20181025_173210
開けました!

箱のサイズはそんなに大きくありませんでしたが、本体と延長ハンドル?が意外と長いです。
20181025_173231
こちら説明書。

パラパラめくってみると英語、フランス語、スペイン語、、、となっていて
「え?日本語の説明ないの??」
と少し不安になりますが、大丈夫です。
一番最後に日本語の説明が書かれています(といってもGoogle翻訳みたいなヘンな日本語)。
20181025_173359
箱の中身を全部取り出してみました。

上から「主軸ヘッド」「メインハンドル」「延長ハンドル」「収納フック」「4パターン形状ブラシ」「充電器」「取り扱い説明書」といった構成。
20181025_173747
試しに一番オーソドックスな雰囲気があるブラシを付けてみました。

普通に「主軸ヘッド」に押し込むだけでけっこうしっかり刺さります。
20181025_173805
このバスポリッシャーの優れている点はご覧のように「主軸ヘッド」の角度が変えられるところなんですね。

といっても他のメーカーの商品でも似たようなものはあるようなので、下記も参考にしてみてください。

参考サイト:電動バスポリッシャーの人気おすすめランキング7選

で、実際お風呂掃除をしてみましたが、自宅のお風呂を晒すのもはばかられるのでこちらの動画をご覧ください。(笑)
(商品は微妙に違います。動画は替えブラシ3本バージョン)




で、実際使ってみた感想なんですが、初期充電だけで15分間くらい稼働させましたが、なかなかパワフルな印象です。

わが家の浴室の床面、うっすら黒カビ部分にあてがってあげるとズルズルきれいになりました。

他の種類のブラシも駆使したら、主軸ヘッドの可動も加味してけっこう隅々までお掃除できそうな印象です。

しかし、一方で感じたのは「けっこう重い…」という感覚。
(上述の参考サイトでもこちらの商品は他社商品の2倍くらいの重さ!)

ブラシがパワフルにグイグイ回るので本体が持ってかれそうになり、そいつを抑えつけながら15分間回していると大のおとなのぼくの腕も、まあまあ疲労。
ただ単にぼくの運動不足ということもあるんですけどね。

ポリッシャーの自重で床の汚れに押し付けないでも磨いてくれる、という点は良いんですけど、浴槽の側面や壁面など多少本体を持ち上げねばならない状況でのお掃除は女性はきついかな?と感じました。
20181025_180720

まあ、わが家のお掃除担当はぼくなんで、問題ないんですけどね!(笑)

といった具合のお買い物レビューでした。

久しぶりのブログ投稿ですが、こうして自分で文章を考えたり発信するのって楽しいな、と思っています。
なら毎日書けよ!って話なんですが、いまはいろいろありまして他の活動に注力しているところであります。

最近、マイカー(モビリオスパイク)とバイク(カブ90)もトラブル発生しているので、近いうちにまた記事にしたいと思います。

ルンバの部品は案外消耗品ばかりで構成されている

20180719_131303
先日の記事でルンバのバッテリー交換をご紹介させていただきましたが、ご覧いただきましたでしょうか?

関連記事:【ルンバ870】Roomba(ルンバ)の電池が寿命みたいなので交換した!

もうしばらくはルンバのメンテナンス作業は必要ないかなと思っていたのですが、ルンバが稼働したあとも微妙に部屋の汚れが残っているような気がしていました。




20180719_131320
うちのルンバの型番は『Roomba 870』です。

そこでネットでリサーチしてみたところバッテリー以外にもルンバは消耗品がいくつかあることを知りましたので共有させていただきます。
(もともと知っている方からすれば『当たり前じゃん』かもですが)

ルンバの消耗品その1、「ブラシ」

20180719_131327
こちらですね。

ウチのルンバ、賞味2年弱利用していますが、確かによく見るとブラシの毛先がヨレヨレになっています。

これのせいで細かいゴミやホコリをかき集める能力が落ちていた可能性があります。

20180719_131427
プラスドライバーでくるくると回すとかんたんに本体から外れます。
20180719_131519
はい、この通り。
20180719_131543
新しいブラシが本体に載っている方です。

ブラシの毛先もしっかり弾力があってさすが新品といった印象。

で、新しいブラシを取り付けようと思ったのですが、旧ブラシから「ネジ」がなかなか取れない。。。
20180719_131710
なのでラジオペンチでつまんで外しました。

ショッピングサイトのレビューでもこの状況に陥るかたはいらっしゃるようですので参考になればと思います。

20180719_131832
新しいブラシが装着されました。

作業はいたって簡単です。ただ、少しネジ増し締めする際に若干ネジ山をナメちゃいました。
気をつけてください。。。

ルンバの消耗品その2、「ローラー」

20180719_132514
こちらですね。

ってか「ローラー」という名称で良いのでしょうか?

床のゴミやホコリを掻き上げてくれるくれる部品です。こちらも交換します。

20180719_132552
下の2本のローラーが新しい方。

正直、古い方もひどく擦り減ってしまったような感じではないのですが、セットで買ったことだし新しいものに交換します。

画像のとおり、フタを開けて旧ローラーを引っ張り出します。
20180719_132631
明るいグレーが上、濃い方が下。

ローラーにも役割が区別されているようなので同じようにセットしてあげてください。

ルンバの消耗品その3、「フィルター」

20180719_132643
ルンバが回収するゴミBOXに備わっている部品、フィルターです。

こうしてみると特に汚れている感じはありませんが、黄色いテープを引っ張って取り出すと、
20180719_132700
きったねー!(笑)

ホコリがびっしりフィルターに付着しています。

「このホコリを掃除機で吸い上げればまだ使えるのでは?」
と思ってしまうケチな自分もいますが、こちらも交換します。
20180719_132737
新しいのと比べると一目瞭然ですね。

迷わず交換することとします。

旧フィルターが収まっていたのと同じ向きで取り付けてくださいませ。
20180719_132858
取り付け完了!

以上3点の消耗部品交換に費やした時間はおよそ20分。

ちょっとルンバ本体の汚れもお掃除したのでそれがなければ初めての方でも10分くらいで作業は完了すると思いますよ。


以上、ルンバのメンテナンス作業についてのご紹介でした。

いつもわが家をキレイに保ってくれているルンバには感謝です。

みなさんも感謝の気持ちをふくめて、たまにはルンバをキレイにしてあげてこれからも末永く活躍してもらいましょう。

あ、『ルンバなんて高くて買えないよー』とか
『どんだけルンバって便利なんだろう?』とか
『ルンバがあったら家事が減ってその分自由な時間ができるよな』
っていうひとは「ReReレンタル」というサービスがあるのでご利用してみてください。

お試しで使ってみて「こりゃ便利!」と感じたら購入を検討しても良いと思います。

【ReReレンタル】

↑このページのトップヘ