【CAMP】Snow Peak LAND STATION HAKUBAで1泊2日のキャンプ!予想を遥かに超えた美しいキャンプ場だった!

CAMP

スノーピークランドステーション白馬にチェックイン!

こんにちは!

2021年10月3日、一泊二日でスノーピークランドステーション白馬に行ってまいりました!

こちらはスノーピーク直営のキャンプ場として昨今続々と全国にオープンしている中で、2020年7月23日にOPENした新しいフィールドです。

アクセスとしては電車ですと白馬駅から徒歩10分、有名建築家の隈研吾氏デザインの大屋根と「和」を表現した木組みが特徴の「見るからにおしゃれ」なキャンプ場。

店舗エリアにはスノーピーク用品がずらりと展示されています

入館してみると全面大きなガラスで採光も良く、遠くの山々も望める絶景のロケーション。

否が応でも期待が高まっていきます。

この日のために2年間自宅のキャンプ部屋であたためてきた「エントリーパックTT(SET-250RH)」も持参してはるばる白馬までやってきた我々夫婦もテンション爆上がりです♪

スノーピーク(snow peak)
¥68,500 (2021/11/16 22:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
レセプション(受付)もウイルス対策のアクリル板が設置されてます

どこもかしこもおしゃれ感満載でぼくは正直ソワソワしてました^^

いつもとは違うキャンプが始まる…そんな予感がします。

スノーピーク白馬のキャンプサイトは6区画

スノーピークキャンプフィールド公式HPより引用

今回は6つあるサイトの中から「6番」のサイトで滞在することとしました。

最初は「2番」を案内されたのですが、炊事場や駐車場から近かったことが理由です。

こちらのスノーピーク白馬、オートキャンプ場ではないのでサイトにクルマを横付けすることができませんので、荷物を駐車場からえっちらおっちら運ぶ必要があります。

せっかくの高規格キャンプ場に来ても、どこまでもズボラな我々なのでしたw

テント設営前に施設内を散策してみた

さて、こちらスノーピークランドステーション白馬ですが、受付に入った段階でそのポテンシャルの高さを我々に存分に見せつけてくれていましたが、果たしてどんな施設があるのか?パトロールすることにしました。

ちょうど10月2日〜3日は週末マルシェが開催されていました。

「マルシェ?なんじゃそら…」

当然ぼくもそう思いましたが白馬地域の地元のお店が各々出店しているフリーマーケットみたいな感じでした。

スノーピークのテントやタープが設置されてそちらで販売

天気もすこぶる良くてずらりと「ワイン」や「コーヒー」、「雑貨」などのお店で働く人たちも生き生きとされているように見えます。

設営もまだなのに、さっそく乾杯

はい、すみませんw

待ちきれずにマルシェの近くにあった「みみずく食堂」でビール飲んじゃいました。

しかもお代わりしちゃいました、すみません、めちゃくちゃ美味かったです!

やはり天気が良いと気分も最高ですね!

スターバックスもあります

建物内にはレストラン雪峯のほか、スタバまでありました。

こちらは翌日立ち寄ることにしました。

昼間に撮影するの忘れました…

で、こちらが「みみずくの湯」です。

敷地内にある温泉施設で今回のキャンププランには「入浴券」もついてましたので夜にゆったり浸かりました。

露天風呂もあるので景色を楽しむなら昼間に入った方が良いですね!

男子トイレ

で、キャンプ場で一番気になる水回り行ってみましょう!

まずは男子トイレ。

もはや説明不要の清潔感、「ここ、ショッピングセンターのトイレですか?」と聞きたくなるほど掃除の行き届いたトイレです。

洋式トイレ

通常、キャンプ場のトイレってどうしてもサイトを歩いた後に入るせいで土や泥が付きがちですが、こちらはそんなものは微塵もありません。

定期的に何時間おきとかで掃除してんのかな?ってくらいキャンプ場のトイレだとは思えない清潔感。

ウォシュレット付き

個人的にはこれが一番嬉しいウォシュレット付きのトイレ。

やはり水回りがキレイだと心も軽くなったような気持ちになりますよねー。

人生に野遊びを。のキャッチコピー

トイレットペーパーの替えもホワイトの箱に収まってキレイ。

こういった細かい気遣いにスノーピークのブランドイメージ戦略が見えますね。見習いたいものです。

トイレ、シャワー室にアクセス出来る通路

こちらも白で統一された清潔感のあるエリア。

シャワールーム

今回は「みみずくの湯」を利用したので、使いませんでしたが、大浴場が苦手な方にも嬉しいシャワー室です。

説明不要のキレイさです。

ゴミステーション

キャンプサイト近くにある「ゴミステーション」。隣には自販機もあります。

ゴミステーション内

ゴミは持ち帰り不要で、キャンプで発生したゴミも分別してこちらで無料で引き取ってもらえます。

これまた嬉しい設計です。

スノーピークランドステーション白馬のアクセス

我々は埼玉県から出発したので、関越自動車道/関越道、上信越自動車道 を進み、更埴JCT で 上信越自動車道 を出てから途中で長野県のスーパーマーケット「ツルヤ」で買い出しをしながらスノーピーク白馬にやってきました。

キャンプ前のスーパーマーケットはツルヤ池田店がオススメ!

最寄りでもクルマで50分くらい掛かる場所ですが満足のいく買い物が出来ると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

スノーピークランドステーション白馬は、あのスノーピーク直営のキャンプ場だけあって期待以上の施設となっています。

「キャンプには行ってみたいけど、トイレやシャワーが古い・汚いイメージでちょっと躊躇するな…」

なんて方にはまったくの心配無用なキャンプ場です!

キャンプ初心者から中上級者まで幅広い方々が満足すること間違いなし!

次回の投稿では実際のスノーピークランドステーション白馬でのキャンプの様子をお送りする予定ですので、良かったらまたご覧になってくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました