20180419_150740
このバイクを手に入れたのは2006年のことです。
その前年2005年1月22日、ほぼ思いつきに近い感じでワーキングホリデーでオーストラリアに渡り、きっちり1年間オーストラリアに滞在したあと約半月ほどフィジーに寄り道してから帰国しました。
帰国した後は実家に身を寄せながらゆっくりと、だけど若干肩身の狭い思いをしながら過ごしていました。
ワーキングホリデーで1年間日本を離れる、と決まってからはそれまで独り暮らしで住んでいた部屋も、気に入って乗っていた車もバイクも手放していたので、帰国してからはそれらを一つづつ取り戻す事とし、まず探したのがバイクでした。
もともとバイクに乗るのが好きで、中型免許を取得した後ホンダのスティードやカワサキのエストレアに乗っていたのですが、この頃は足代わりになる、気軽に乗れるバイクを探してヤフオクで物色していた時にこのカブを見つけたのでした。
走行距離は49000キロ超でしたが形式はHA02、当時としてはまだ比較的新しいモデルだったし、カブのエンジンといえば「頑丈でほぼメンテなしで10万キロ走る」「低燃費でリッターあたり100キロ以上走る」と聞いていたのでいても立ってもいられなくなり、7万円くらいで落札してしまったのでした。

あれから12年経ち、毎日のように乗っていた時期もありましたがここ5年くらいは年に2回か3回くらいしか乗ることがなくなり、その度に鬼の様なキックでようやくエンジンを始動させては気まぐれに近所を周り、またしばらく乗らなくなり、またある日ふと思い出したようにキック&キック。。。
そんな感じの付き合いですが、しかし、ホントにボロボロだな。いや僕が悪いんですけどね。
20180419_150802

ちょっとしばらく時間が取れそうなので少しづつキレイにしていきたいな、と今のところは思っています。
20180419_150812

サビや汚れを落としたり、チェーンを調整したりくらいなら出来るかな。出来るよな。昔やったもんな。
20180419_150752

所有年数の割に実は僕自身が走った距離は2万キロくらいなんですけどね。
IMG_20180419_160204

あまりモノに執着しない僕にしては珍しく、なかなか手放すことの出来ない稀有な存在なのです。