キャンプや日常のできごとを"ほぼ"毎日更新しています
気軽に閲覧してってくださいね

スパイクに地デジチューナーを設置してテレビを見たい!

久しぶりの投稿となりました^^

こちらのブログでご紹介させて頂いているホンダのモビリオスパイク、
ぼくの家にやってきて早3年なのですが、ディーラーオプションのナビで
2008年当時のアナログチューナー搭載のテレビが付いておりました。

ここ数年ぼくは、あまりテレビを見なくなっておりまして、
自宅にひとりで一日過ごしていてもまったくテレビを見ません。

なので、正直クルマの中でもラジオが聞ければ十分ドライブを楽しめるんですが
ウチの奥さんはテレビ大好きなんですね。

夜寝るときもテレビはつけっぱなしで、「スリープタイマー」で就寝するのが
日課です。でも、こういう人は案外多いとは思いますけど。

ぼくが思うに、うちの奥さんは「テレビが好き」というよりも
「テレビがついてないと何だか落ち着かない」
と言った方が正しい気もします。

そんな奥さんのために、久しぶりにスパイクを弄ってみることにしました^^

地デジチューナーをメルカリで買う!

ってことで、もともと付いてるTVとナビはそのままに、
地デジチューナーを別途設置することで車中でテレビを見よう!
と試みることにしました。
i-img900x1200-1553745935gxfs4p57619

で、今回導入したのはメルカリで購入した地デジチューナー、
パナソニックの「TU-DTV60」でございます!

Panasonic (パナソニック) [Strada ストラーダ] 高画質&高感度 地デジチューナー [フルセグ2×2チューナータイプ] ビエラ技術のPEAKSプロセッサー搭載 TU-DTV60

Amazonのレビューを見ると賛否両論大きく分かれていますが
商品そのもののスペック的には悪くないと判断しました。

特に今回メルカリで購入した商品は「本体」「ケーブル類」「アンテナ」
「リモコン」など、欠品もなかったので良い買い物だったと思います。
i-img1200x900-1553745931lyqaa348879

「miniB-CASカード」も付いてました。
設置さえ出来れば、すぐに見られると思ったのもポイントです。

ってことで、購入して約半年、ようやく設置してみる気になりました(笑)

内装剥がすのに手間取る」

もともと付いてるTVとナビはそのままに、
仲良しの友人と待ち合わせてカーショップの駐車場で
いそいそと作業を行いました!
line_1555409893425
念のために予め購入しておいた「フィルムアンテナ」です。



ワンセグ フルセグ 補修用 L型 地デジフィルムアンテナ 両面テープ 4枚セット パナソニック 地デジチューナー TU-DTV60

結論から申し上げますと、今回こちらは使用しませんでした(笑)
親切なメルカリ出品者様が同梱してくれたアンテナをそのまま
使用することができました。

そして、いざバラシ。
友人から借りた「内張り剥がし」工具でなんとかかんとかこの状態に。
20190417_144447_HDR
まず「エアコン」などの操作パネルから剥がしてこうなりました。
シフトノブを下げないとパネルは外せませんので、ご注意!
20190417_144458
続いてナビ(モニター)のビスを外します。
ラチェットなどの長いレンチで回すと簡単です。
ぼくはアホなので一生懸命プライヤーでプラスドライバーを
挟んで外しました…
20190417_145656_HDR
「どーん!」と取り外しました。
ここからが本番です。

「地デジチューナー」の電源をこの裏側配線から
取らないといけません。
配線は上記「ブルーのコネクタ(メス側)」の「5線配線」です。
これは他の方のブログを参考にしました。
「モビリオスパイク 地デジ」で出てくるはずです。

つまり「黒色のアース線」と「右から2本目」を短絡させることによって
『運転中でもテレビが見られる状態』
にさせることができます。
20190417_161538
いったん小休止、ベロベロに内張を剥がされたスパイクの図。
20190418_135755
こちら、「右から2本目と5本目(アース線)を短絡させた図」の画像。
このままだと『サイドブレーキが掛かっているから駄目だよー!』と
スパイクの車内で「ピーピー」と警告音が鳴り続けます。

当然ですが、運転中のテレビ操作は危険なので、あくまでも
助手席の方に行って頂きます。

しかし、アホなぼくはこの
「右から2本目と5本目(アース線)を短絡させた」
ままで走行したところ、「ピーピー音」が鳴りっぱなしで
翌日まで過ごしました(笑)
20190418_141203
で、右から二本目をちょんぎりました!
他の方の作業ブログなどを参考にしたのですが、
切る瞬間は
「あぶない刑事の時限爆弾のコードを切るシーン」
が頭をよぎりました。
(テレテレッテ、テレテレ、テレテレッテ、テレテレ♪)

なんだかんだちゃんと地デジが映った

20190418_163805
ってことで、結線完了して「ビデオ入力」に切り替えて
ちゃんとテレビが映りました!
「おお!!」
普段あまりテレビを見ないぼくですが、スパイクで地デジが映った
瞬間は、なんていうか「達成感」みたいなものが沸き上がりました(笑)
『こんな俺でもクルマを弄ってる!!』みたいな。

20190418_163834
ほんとは、こういう配線も裏側に隠して見えないように
スマートにする方が自己満足感も高いんですけどね。
20190418_163825
チューナーも丸出しです。
まあ、大雑把な性格なのでここまで出来ただけもでもヨシ!みたいな(笑)

ということで久しぶりのブログ投稿でしたが、
同じモビリオスパイクに乗っている方の参考になったら嬉しいです。

あ、この日に実は「ドライブレコーダー」も取り付けたんですけど、
配線は地デジチューナーと一緒にうまく取りまわして付けました。

これで安心、安全、快適な車中空間が出来上がりました。

では、また!

オウルテック OWL-DR04-BK ブラック ドライブレコーダー
マカド! Amazonせどり管理ツール

カブのリアタイヤがパンクしてしまった

L_0101sucub90d200509

長年乗っているぼくのおんぼろカブ90ですが、普通の自転車といっしょで徐々に空気圧が下がってくるので、定期的に空気を入れていたんですね。

とはいっても、いまのタイヤ&チューブはかれこれ5年くらい使ってるのですが、タイヤ自体はまだまだ6部山ほどあるものの、空気入れ口(なんていうんだろ)のナット部分がけっこうサビサビになってきていました。

しかし、まあズボラなぼくはそのことに気づいていながらも例によってごまかしごまかし、まあ大丈夫でしょ、と乗り続けてきたのですが、ついにと言うか空気圧が著しく下がった状態でブーンと乗っておりましたところリアから「ゴト、ゴト、ゴト」と振動を感じるではありませんか。

「あ、やべー」と思い、急遽車体を押しつつ近所のガソリンスタンドで空気をパンパンに入れてみたところ、とりあえず大丈夫そうだったのでそのまま帰宅。

しかし翌日、恐る恐るリアタイヤに触れてみると「ぶにゃ」という手ごたえ。

はい、パンク確定

ぼくのカブのデータ
Webikeより引用)

シリーズ累計生産台数2840万台を記録する、日本が世界に誇るベストセラーモデル”スーパーカブ”シリーズの国内トップモデル。低床バックボーンフレームによる乗降性の高さや、耐久性・静粛性・経済性に優れるエンジン、走行風や泥ハネから足元を守るレッグシールド、パンク防止に効果を発揮するタフアップチューブなど、シリーズ一連の優れた使い勝手に、7PSを発生する85ccエンジンを組み合わせることで、長距離走行や大きな荷物も苦にならない余裕の走りを実現している。今回のマイナーチェンジではリサイクルマークを貼り付け。それ以外の仕様、装備、スペックに変更はない。

ホンダ スーパーカブ90 (2005年) デラックスの基本スペック

メーカーホンダエンジンタイプ空冷4サイクルOHC単気筒
モデル名スーパーカブ90エンジン始動方式キック
タイプ・グレードデラックス最高出力7.0ps(5.1kw)/7000rpm
動力方式-最大トルク0.79kg・m(7.7N・m)/5500rpm
型式HA02車体重量(乾燥重量)82kg
排気量85cc車体重量(装備重量)86kg
発売開始年2005年パワーウエイトレシオ11.7kg/PS
燃料消費率60.0 km/L ( 60 km/h走行時)全長・全高・全幅1805mm × 1015mm × 660mm
燃料タンク容量4.0リットルシート高735mm
航続可能距離240.0km(概算値)フロントタイヤサイズ2.50-17 38L
燃料供給方式キャブレターリアタイヤサイズ2.50-17 43L

もう自分では直さない。プロに頼もう。

20181101_162944

ということで今回はちゃんとした町のバイク屋さんにパンク修理をお願いすることにしました。

思い起こせば前回のタイヤ交換、えらくタイヤが固くてかなり大変だった記憶があります。

あれからずいぶん時は流れましたが、あの作業をあらためて自分でするのはかなり「おっくう」でした。

今回お願いしたのは自宅から5分くらいのところにある「モトショップ深谷」さん。
参考:モトショップ深谷

ぼくが子どものころからあったバイク屋さんで、友人がここでバイク買ったり直してもらったりしてたんですが、自分がお世話になるのははじめて。

慣れた手つきでリアブレーキ部品を外していかれます。
20181101_163020
こちらのご主人、むかしは本田技研に勤めてらっしゃって、親父さんが引退されるタイミングでお店を継いで、35年前に自転車専門だったお店をバイクも扱うようになったのだとか。
20181101_163122
ここまで5分足らず。
20181101_163229
続いて本格的にタイヤを外されていってます。

「店内で待っててくださいよー」と言われてるのにお構いなしに撮影し、ぼくが話しかけるので、親父さんは少々やりづらそうでした(笑)
20181101_163235
シャフトが抜かれました。
20181101_163304
はい、後輪撤去完了。
ここまで10分。
20181101_163315
以前の記事でご紹介したブレーキシューです。

【スーパーカブ90】リアブレーキシュー交換しようとしたら失敗したンゴ


と言ってる間に親父さんはタイヤを外しに掛かってました。

「これ、かったいねー」と呟く親父さん。

ええ、そうでしょう。だからあなたに頼んでるんです。と心の中で語り掛けました。

普通のタイヤレバーだけだと難しいと判断したらしく、上の画像の機械でグイグイとタイヤ側面を押し込み、奮闘中です。
20181101_163404
こんなん一般家庭にあるわけないです。

そりゃあ以前ぼくがやったとき、この作業に半日近く掛かったわけだわ…
20181101_163507
画像だと分かりづらいですが、けっきょくタイヤの「ビード」部分は外れず。
20181101_163542
タイヤレバーを駆使して「ビード」をグイグイ外しに掛かる親父さん。

「普通はもっと柔らかいから簡単に外せるんだよ」
とこぼしていました。

繰り返し言いますが、それが分かってたからあなたにお願いしてるんですよ、と心で呟きました。
マジ自分で挑戦しなくて良かった。
20181101_163703
20181101_163732
おお、外れてきた。。。
20181101_163818
「ベローン」とようやくチューブが露出。
20181101_163840
バルブ付近で固定されてる部分以外はチューブがご開帳。
20181101_163922
取り出されたチューブ。

バルブの根元がサビてて劣化も著しいです。

「これ、チューブごと交換した方がいいよ」
とアドバイスする親父さんに被せ気味に
「あ、新しいチューブ持ってきました!!」
とこいつを渡しました。


5年前に買っておいたチューブであることを伝えましたが、「あーだいじょぶそうだね」とおっしゃる親父さん。

持ち込みですみません!!w
20181101_164055
新しいチューブ。もちろんサビもないです。
20181101_164212
ビード部分にオイル?のようなものを塗ってらっしゃいました。

タイヤを入れる際に滑りを良くして入りやすくするためなんですって。

確か前回は自分でやったときは洗剤を吹きかけてやったような気が。
20181101_164307
新しいチューブを入れるにあたって、なんか変な道具をバルブに差し込みホイールの穴から通そうということらしいです。
「それなんですか?」と尋ねたのですが『まあ、見てて』という親父さん。
そろそろ面倒くさいと思われてる様子w
20181101_164330
20181101_164346
流れるような手さばきでチューブのバルブを通す作業に入られました。

ここまで出来たらもう早かったです。
20181101_164503
タイヤ内にチューブを収めてビードを噛まして
20181101_164724
20181101_164725
20181101_164952
20181101_165203
お見事です。
20181101_165556
続いて後輪の取り付け。
20181101_165732
20181101_165800
後輪のシャフトを通してリアブレーキの調整もしてもらいました。

既にブレーキシューが減ってるそうです。が、まだ数年はいけるんじゃない?と親父さん。

了解しました!しばらく手は付けません!
20181101_170253
ブレーキ調整完了。
20181101_170652
ついでにチェーンも弛んできてたので少し調整してもらいました。

実はチェーンとスプロケも新しいのを何年も前から保管してるんですけど。。。

来年には自分で交換しまーす。

と、いうことで今回はプロにタイヤチューブ交換(持ち込み)、ブレーキとチェーン調整をしていただき、お会計は3,240円

いや、自分でやること考えたら、時間を買ったと思えば安いもんですよ。

こうしてブログのネタにもなるし、次回の自分のノートになったと思えば。

と、言いながらもこのカブ、マフラーにもトラブルを抱えているので、これに関しては自分でやります。

それでは、次回は「マフラー交換編」を近日公開するので少々お待ちください!


カブ マフラー スーパーカブ リトルカブ カブC50 カブC70 カブC90 スラッシュカットマフラー カブ カブ

新しいスパイクのバッテリーをAmazonで購入!




Roadpartner(ロードパートナー) Roadpartner 40B19L メーカー品番:MR40B19L9 1個

最近。。。っていうかここ数か月くらいなんですけど、ウチのスパイクに乗ろうとエンジンのセルを回すときに時々回りが鈍い感じが出てきてたんですよね。

で、まあズボラなぼくはそのことに気づいていながらもごまかしごまかし、まあ大丈夫でしょ、と乗り続けてきたのですが、得てしてこういう場合は結局出先とかで本格的にバッテリーがヘタってクルマが動かない!なんて状況は想像にかたくないわけです。

実際、むかし友だちと初詣に当時乗ってたワゴンRで佐野厄除け大師に向かっている最中にオーディオが消え、ヘッドライトが消え、走行中にバッテリーがあがった経験があります^^

ていうことで今回、Amazonで「ロードパートナー」というブランドのバッテリーを購入してみたわけです。

聞いたことないメーカーだなあ、なんて思ったんですが、品質は確かっぽい。

Roadpartner (ロードパートナー)は、皆様もご存知のマツダ第二ブランド。今回ご案内するのは世界ナンバーワンであるGSユアサがマツダと共同開発した安定・安心品質の純国産バッテリーです。耐久性・始動性に優れており、超定番の40B19R(品番:248803001)、40B19L(品番:248803002)をラインナップしております。


てことで、バッテリー交換やってみます!

クルマのバッテリーを久しぶりに自分で交換してみた

20181031_134419
はい、こちらウチのスパイク。
ボンネットを開けてみました。
きったねー(笑)
20181031_134424
ごらんのとおりの状態で収まっていますので、こいつをまず取り外します。
20181031_134529
バッテリーを固定しているステーのナット(手前側)を緩めます。
使用した工具は「10mm」径のスパナ一本のみ。
先にターミナル端子を緩めてもいいのかな?
ぼくは先にステーから外すこととしました。
20181031_134617
続いてもう一方のステーのナット(奥側)を緩めます。
20181031_134655
ナットを緩めることで車体側のステーフックも外せます。
奥側のステーも同様です。
20181031_134728
ステーを外すとこんな感じ。
ステーで上から押さえつけてるしくみ。
20181031_134734
ステーがなくなった状態。
このあとターミナルを外していきます。
同じく10mmスパナでいきます。
20181031_134804
はい、ここ大事です。
『バッテリー交換は、ー(マイナス)にはじまり、
ー(マイナス)でおわる
これ鉄則ですね。
理由は、なんだっけ?電気の流れる性質上、プラスから外してしまうとショート(短絡)の危険性があるからとかなんとか。
これでも
第2種電気工事士免許持ってるんですけどね(1種も合格はしてる)^^
キリキリ緩めちゃいましょう。

20181031_134843
マイナス側のターミナル端子を外したらプラス側も緩めます。
そしたらすみやかに外す!
20181031_134944
はい、旧バッテリーを引っこ抜きました。
20181031_134949
ホンダ純正バッテリー付いてたんだ。。。今さら知るという。
画像では見えづらいですが「平成26年3月交換」とありますので4年以上使ったのか。
わが家にスパイクが来たのは平成28年3月くらいなのでウチが使ったのだけでも2年以上です。
長持ちした方だと思います。
20181031_140313
はい、一気に取り付けちゃいました(笑)
重要なんでもう一度言います。
『バッテリー交換は、ー(マイナス)にはじまり、ー(マイナス)でおわる

電気工事士持ってるぼくが言うんで必ず守ってくださいね!

で、バッテリー交換も終わってセルを回したらちゃんとエンジン掛かりました。
当たり前だけど。

どのくらい持つのか分かりませんが、冬場はバッテリーが弱るので寒くなる前に備えが終わって良かったです。
寒くなったらこれしきの作業もおっくうですからね(笑)

以上、モビリオスパイクのバッテリー交換をする、の巻でした^^

↑このページのトップヘ