20180422_101229
こんにちは!
先日のPICA富士吉田キャンプの際の画像奥に写っているのが我が家のホンダモビリオスパイクです。

実はこの時のキャンプの帰り道、僕の後ろを走っていたお友達から
「アンタ、運転席側のブレーキランプ点いてないよ!」
とご指摘を受けてから早2週間が経過していました。
が、とうとう本日重い腰をあげて
モビリオスパイク、ストップランプ交換!
を実施しましたので交換作業のご紹介をいたします。
って、実は大きな文字で強調するほど大した作業じゃありませんw

20180506_151745
赤いテールレンズの画像、すでにテールレンズを取り外し、上と下の2個の電球も取り外してます。
20180506_151750
こちら2本のビスをプラスドライバーで外します。
20180506_151822
すると、こんな感じで配線と電球が中に納まっているので配線付近のプラ製ツマミを回すと、
20180506_151842
こんな感じで外れますのでランプもこのカプラーから引き抜くだけです。
20180506_151851
テールレンズ部分のカプラーを抜くとこんな感じ。
20180506_151938
近所のホームセンターで新しい球(2個入り)を350円で購入し、レジからお店の駐車場に戻り、その場で差し込みますw
あとは取り外した時の逆の順番で
1.カプラーごとテールレンズに差し込み回して固定
20180506_153138
2.テールレンズのツメ3か所を車体側に合わせて挿入。
20180506_153012
3.ネジ2か所を締め付け
(ついでに切れてなかった助手席側の電球交換もしときました)
20180506_153304
はい、ちゃんと点灯するようになりましたね。

運転席側と助手席側2か所の交換でも作業時間は合計10分掛かりません。

車種によるかなー、とも思いますがスパイクみたいにネジが露出して視認可能なタイプは得てしてこういう風にご自分で電球交換くらいならけっこう簡単に出来ますんでお試しを。

なにより節約になりますからね!笑

下の「関連記事」に先日スパイクを車検に出したときのレビューもしてますので、よろしかったらこちらも参考にしてみてください。